【スプリンターズS2019予想】激アツ穴馬を発見しました

こんな時間ですが、こんばんは。とこ穴です。

GIだからと言って特に変わりはなく、もっと言えばGIだからと言って馬券金額を上げたりする心理もサッパリわからないのですが、注目度が高いことだけは間違いありませんからね。ブログはさらっと更新しておきましょう。

前日オッズ1番人気は⑧番タワーオブロンドン。前走のセントウルSは強烈な脚でしたもんねぇ。スプリンターとして完成されてきた感もありますし、とにかく坂コースならスンゴイ爆発力を発揮するお馬さんです。

2番人気が②番ダノンスマッシュ。前走のキーンランドCでは、タワーオブロンドンを完璧に封じ込めていますから、こちらが1番人気かなと思いましたが…。安田隆師-川田騎手の師弟コンビで初GI獲りへ挑みます。

土曜日夕方時点では差が開いた3番人気だった⑦番モズスーパーフレアですが、今見てみるとダノンと差のないオッズ。単系が売れる馬ですし、今の高速馬場も大歓迎。前走で控えても意味がないこともわかりましたから、今回は行く一手。その形が取れれば…ですね。

と、なんだかんだと言ってきましたが、本命はこの3頭ではありません。タイトルにもあるように、本命は激アツ穴馬ですから。

本命は①番アレスバローズ。11番人気、単勝48倍。うん、穴馬ですね。

まず今回は枠が絶好。今の中山はとにかく時計が出る馬場で、内枠優勢。土曜日に1~5番枠決着というのもありましたし、脚質は問わず、まず内枠に入るということが必要不可欠と言えます。

続いてイン突きができる根性の持ち主であるということ。2走前はインから脚を伸ばしてきましたし、前走は発馬後手で競馬の形にならず。この枠ならインピッタリからのインズバットが可能でしょう。

そして最後に展開もドンピシャ。今回は何が何でもハナに行くモズスーパーフレアに、セイウンコウセイ、ラブカンプー、マルターズアポジーだってできればハナに行きたいクチ。馬場がいいとはいえ、これだけ揃えば当然差し馬にも出番が回ってきます。

ということで本命は①番アレスバローズ。そういえば、今年のダービーを制したロジャーバローズも1枠1番でしたね。そういう運もあるのかもしれませんよ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
宝塚記念2022攻略法
エフフォーリア、タイトルホルダー
デアリングタクト、そして大好きなアフリカンゴールド!
上半期総決算!ここはやはり的中で締めくくりたい!!
─────────────────────
まずは宝塚記念抽出データ
過去10年前走逃げ切りで重賞勝ちを収めた4~5歳馬は(0-1-3-2)複勝率66.7%。 ヴィルシーナやユニコーンライオンは8番人気、7番人気と人気もありませんでしたね。 今年の登録馬では天皇賞春を勝ったタイトルホルダーとドバイターフを同着で制したパンサラッサが前走逃げ切り勝ち。雨の多い季節なので馬場との相談ですが、先週のように前残り傾向の馬場なら今年も狙えそうです。
─────────────────────
ポイントは前走逃げ切り?!
この2頭はやはり要注目ですね。
そして最後確認する情報はココ
無料LINE予想/重賞
◎3月~17戦13勝
◎投資:87000円

◎的中:314090円
◎収支+227090円

集計一覧)(的中抜粋)先週ユニコーンS×
─────────────────────
最高回収は優駿牝馬1383%
ここの3連複フォーメーション見てから馬券がよいでしょう。
特に一列目2頭は何を選ぶか必見なんです。
宝塚記念2022予想~LINE追加はコチラ
※土曜無料LINE予想から見てください。
先週18日奥尻特別170%(スクショ
11日函館3R240%、東京6R280%(スクショ
自信あるレースを無料公開してくれてます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク