【種牡馬分析⑤】キャプテントゥーレ産駒の特徴

とこ穴です。

いよいよ秋のGIが開幕。土曜日はJBCへ繋がる一戦、シリウスSも行われます。秋ですねぇ。秋ですよ。早い。

本来ならスプリンターズS、シリウスSの予想展望記事を書くべきなんですが、有名ブロガーさんがひしめき合う中央競馬では、それほどアクセス数も伸びないんですよね。たぶん自分に求められているのはそういうことではないのかなとw

そこで今回は平場で使える血統馬券術ということで、久しぶりに種牡馬分析記事を書いてみようと思います。今回も渋いところいきますよw

5回目に分析されちゃうのは

キャプテントゥーレ!!!

渋い!渋すぎるよ!とこ穴さん!!

まずはキャプテントゥーレがどんなお馬さんだったかということをサラっと。

父が「超高速の粒子」アグネスタキオン。そしては母が阪神牝馬S①着、モーリス・ド・ゲスト賞②着のエアトゥーレ。そして大叔父が、馬名の一部ともなっているスキーキャプテン。このあたりの馬名はスラスラ出てきますね、困ったもんです。

森厩舎縁の血統馬で、新馬戦の手綱は武豊騎手。デビュー前から坂路で51秒台を連発(今思えば森厩舎だから)していたこともあり、当然ながら1番人気で初陣を迎えましたが、結果は1秒6離されての⑧着惨敗。

まぁ勝ったのがアーネストリー(宝塚記念)で②着がトールポピー(オークス)、そして③着がドリームシグナル(シンザン記念)でしたから、よくよく考えてみると伝説の新馬戦だったかなと。

新馬戦が大したことないと思われたのか、2戦目は1番人気とはいえ単勝オッズは1.8倍から2.6倍へアップ。しかしそれに反発するかのように、ここでキッチリと勝ち上がります。そして3戦目に選んだのが野路菊S。

「なんだ、やっぱり良血馬だな。強いじゃないか」

そんな声が囁かれる中、今度は2.1倍の支持を集めますが、そんな声を嘲笑うかのように③着に負けてしまいます。そして次走出走したのが自己条件ではなく、GⅡのデイリー杯2歳S。

「なんだ、やっぱり大したことないじゃないか。重賞じゃ無理だムリムリ。」

そんな声が囁かれる中、さすがにオッズはぎゅーんと跳ね上がって7.5倍の3番人気に。デビューから守り続けたオリコン1位ならぬ1番人気の座を明け渡すことになりましたが、なんとここで2番手抜け出し快勝を演じてしまいます。もうここまで来たら、やり手のキャバ嬢かと思うぐらい。押して引いてのプロですわ。

とサラッとのはずが、やけに思い出話が長くなってきました。ここで一旦切りましょう。えっと、この後はまた勝った負けたを繰り返しながら、7番人気で迎えた皐月賞を逃げ切り快勝。川田騎手に初のGIタイトルをプレゼントし、その後重賞を積み上げて種牡馬入り(端折りました)。

血統的にも筋が通っていますし、仕上がりも早い。種牡馬としてもそれなりに活躍馬を出すかと思いましたが、やっぱりそんなに甘くはなかった。出世頭は黒潮盃の勝ち馬クロスケですが、こちらは大井出身馬。JRA生え抜きでは現3勝クラスのヴォーガが目立つぐらいで、もう種牡馬も引退してしまっているんですよね。

しかしここにきて何となくですが、キャプテントゥーレ産駒の狙いどころが見えてきた気がします。やっと本題へ。

まず特徴として挙げられるのはこんな感じ。

  • 芝よりもダート向き
  • ベスト距離は1000~1400mがベスト。1800mまでがギリ
  • 中山なら期待値UP

この3点。

まずは芝よりもダート向きという点。自身はダート未出走でしたが、従兄弟がロワジャルダン(みやこS)、ゴールデンチケット(兵庫CS)ですから、ダートをこなせる下地はあったということ。産駒はここまで芝3勝に対してダートは16勝ですから、はっきりと数字にも表れています。

2番目の距離について。これまで挙げたダート16勝中14勝が1000~1400mで、残りの2勝が1600mと1800m。芝の中距離が主戦場だった父とは、似ても似つかない子どもが多いということですね。

そして最後がコース。実はここがキモで、今年産駒が最も多く馬券内に入っているのが中山コース。今開催はラジオ日本賞8番人気②着クロスケを含む【0-1-2-5】で、複勝回収率は110%(単勝はダメですが)。実はプラス収支。

ようやく結論。

中山も今週が最終週。ここで買わなきゃいつ買うの?ってことで、今週のキャプテントゥーレ産駒の出走をチェックしてみると、2頭いますね。

まずは中山(土)1Rのダ1200mに出走する⑨番グレートコート。前走は中山変わりで③着と華麗な変わり身。小林凌大騎手のJRA初勝利もかかる重要な一戦。

そしてトリを飾るのが8Rに出走する②番ステイホット。こちらは中山1200mで未勝利勝ちの実績。前走は得意の舞台に戻り、⑬着から巻き返しての③着でした。今度はアタマまでいけそう。

土曜日はこの2頭で勝負。単複で上手く転がっていけば最高ですが・・・。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

京ー過去3年相性OK
都ー3重賞1位馬好走
記ー先週きさらぎ賞
念ー3連単5万↑獲得!
━━━━━━━━━━
ちゃーんと調べた中、京都記念はここです。
指数との相性が週末3重賞とバッチシ
19年京都記念  指数5→1→2位 3連単17,060円
18年京都記念  指数7→2→1位 3連単16,450円
17年京都記念  指数3→4→1位 3連単16,070円
他重賞との相性も指数1位2位バッチシ!
こんな感じで日曜お昼に赤枠内に順位と数値が入ります。

━━━━━━━━━
19年クイーンC 指数2→1→8位
19年共同通信杯 指数4→1→2位
指数1位2位は確定ライン!!
20年きさらぎ賞 指数5→3→1位 3連単53,680円
━━━━━━━━━
→京都記念・共同通信杯・クイーン指数1位馬をチェック
◎3重賞の指数1位馬 ◎京都記念全指数 ◎週末36鞍→全て無料
無料メール登録で見れるのでガチ今週おすすめ!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク