【ローズステークス2019予想】ビックピクチャーに穴の資格

スポンサーリンク

お疲れさまです。とこ穴です。

今週は3日開催。まだ明日もあるのか・・・まだ明日もあるのか・・・という感じで、あと何日出勤すればいいのかよくわからなくなってきました。

とりあえず、中山土曜のメイン「レインボーステークス」は、ツイートしたものが思いのほか好評だったので、こちらにもペタリ。

「中山11RはレインボーS。レインボーと言えば七色なので、色が入った馬が強いんですよね。

  • 14年①着ネオ『ブラック』ダイヤ
  • 15年②着『レッド』セシリア
  • 16年②着マロー『ブルー』
  • 18年②着シャルドネ『ゴールド』

今年はブレステイ『キン』グ、『ゴールド』ギアの2頭。8枠流しでオメオメなのです。」

なんだか普通に当たりそうな気がするんですよね、コレ。

あと押さえておきたいのは、マイネルキラメキ。14年②着ファントム『ライト』、17年①着ゲッカ『コウ』とか、なんだか光り輝くものもちょっと関連してたりするのかなと。まぁゲッカコウは月下香ですけど・・・。枠連3-8と8-8、あとはワイド3頭BOXで当たり確定です。

さて土曜日も色々とバタバタしそうですし、実はより力が入ってるのは、盛岡(日)のジュニアグランプリだったり、高知(月)の西日本ダービーだったりするので、更新できる時にささっと行きたいと思います。いきます!ローズステークス!

近年は紫苑S組に押され気味な感じもあるローズSですが、過去の勝ち馬を見てみると、サイレントハピネス、ヒシナタリー、ヒシピナクル、レクレドール、ブロードストリートなど錚々たる顔ぶれ・・・。

え?そこはファインモーション、アドマイヤグルーヴ、ダイワスカーレット、ジェンティルドンナだろwwと突っ込んだ方は正解。ですが、正解じゃない部分もあるんですよね。

ローズSはオークス組が強いというデータも確かなんですが、実は上がり馬にもチャンスがある一戦なんです。

過去10年の上位3頭を見てみると、オークス組が上位独占ということは一度もなく、必ず1~2頭は「前走条件戦組」が入線しているんです。

そして勝ち馬を見てみると、15年①着タッチングスピーチ、17年①着ラビットランが前走500万を勝っての連勝。1000、1600万ステップの勝ち馬はいないんです。とすると、狙いはオークス組が前走500万組。こうなるわけですね。

そしてもうひとつ。

ローズSはとにかくペースが流れません。阪神外1800mですから仕方がないっちゃ仕方がないんですが、必然的に切れる馬が有利になります。

そうなると出てくるのが、ディープ産駒。現に目下4年連続で連対馬を送っていますし、2年前の勝ち馬ラビットランは、前走で33秒0の脚を見せていた馬。各馬の上り3Fには注意したいですね。では参りましょう。本命馬は・・・。

③番ビックピクチャー

まずは前走1勝クラス(500万)を快勝していること。そして父がディープインパクト。これまでの7戦中4戦で上がり最速をマークと、ローズSを走るために生まれてきたような馬なわけですw

問題は、連闘後の中2週とタイトなローテであること。410キロ台と小柄な馬ですから、これ以上減って出てくるようなら少し考えますが、キープできていればOK。

ロスなく運べる内枠もあたりましたし、鞍上の岩田望騎手も中央だけでなく、精力的に地方にも参戦して腕を磨いていますから、最近は落ち着いて乗れるようになったなぁと素人ながら感じますね。

勝つまでは出木杉クンですが、2~3着なら全然取れる感触ですから、馬券は複メインのズドンでいいでしょう。相手まで教えろよって欲張りさんは、→で確認頂ければと思います。今週は早めに入力したので、一枚目にいます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
スポンサーリンク