【京成杯オータムハンデ2019予想】52キロは恵まれた⑩番トロワゼトワル

おはようございます。とこ穴です。

台風の進路が気になりますが(月曜の浦和行きが・・・)、開催中止とかにはならないようで良かったです。

中山競馬場のメインは「京成杯オータムハンデ」。

マイルCSへ繋がる一戦ですが、思い出されるのは豪脚一閃だった1994年のサクラチトセオーですね。当時は京成杯AHではなく、京王杯AHでしたね。

上がり33秒9。31秒台も出ちゃう今では珍しくもない数字ですが、この時はトップハンデの58キロを背負ってましたからね。ホント衝撃的でした。あ、そうそう。漫画『蒼き神話マルス』では、33秒台の末脚は生死を賭けた走りみたいな描写でしたね。

と、予想には全く関係の話でした。では参りましょう。

本命は⑩番トロワゼトワル

過去10年の勝ち馬の中で、前走が1600万(現3勝クラス)①着だった馬は、2010年ファイアーフロート、2013年エクセラントカーヴ、2018年ミッキーグローリーの3頭。実績よりも勢いが重要とも言えますが、ここはハンデ戦ですからね。オープン実績がないので、必然的に斤量が軽くなる。というわけです。実際3頭とも前走から軽くなっていましたからね。

今年、この傾向に当てはまるのはこの馬だけ。前走は55キロでしたが、今回は52キロ。この3キロ減は大きいですよ。そして開幕週ですから、ある程度前に行ける馬が有利な馬場。前走は中団からでしたが、横山典騎手が手綱を取った2戦はどちらとも好位からの競馬。ここもおそらく、その形でしょう。

今秋のGIは、ロードカナロア産駒になりそうな予感もありますが、まずはこの馬が秋緒戦を快勝します。

相手は→でご確認頂ければと思います。

※アイキャッチ画像は、フォロワーさんの「く ろ ね こ♪(@kuroneko42665)」さんのご厚意でお借りしました。たくさんのカッコイイ写真を撮られていますので、ご興味のある方は是非!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
シンザン記念穴馬を好調指数で読む!
去年10人気マイネルフラップを指数4位に推奨→結果2着好走!
・━・━・━・━・━・━・━・━

去年の証拠画像がコチラ↑小さいかな~(笑)
去年の重賞シーズンも中位人気を指数上位に推奨!これがよく入線してきてます!
・━・━・━・━・━・━・━・━
阪神JF マルターズディオサ
6人気→指数4位推奨
チャレンジC トリオンフ
8人気→指数5位推奨
マイルCS ペルシアンナイト
6人気→指数3位推奨
天皇賞秋 アエロリット
6人気→指数3位推奨
府中牝馬S フロンテアクイーン
9人気→指数4位推奨
・━・━・━・━・━・━・━・━
今年はコルテジア、カバジェーロ、ゼンノジャスタあたりが指数上位にきてたら熱いかもです。 16年キョウヘイ8人気1着など例年3着内に1頭熱い中位人気が食い込んできてます。 指数の見解を見てからでもいいはずです。
シンザン記念2020無料公開
↑から無料メール登録し、当日お昼ログイン内北条のブログにて全指数確認できます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク