【アフター5スター賞2019予想】馬券内は100パーセント!⑪番ワンパーセント

スポンサーリンク

お疲れさまです。とこ穴です。

こんな私ですが、意外と交友関係は広く、ちょっとした大物(タレントさんや政治家もいたり)も含まれていたりします。

そんな大物さんの一人が昨日キレイどころを連れて大井まで行ったようですが、何も当たらなかったそうで、先ほど「エライ目にあったわ」とlineが来ていました。

当たらなかった時の女々しさったら情けなくなるほどですが、そういうところが似ているのかもしれません。それにしてもこれが画面に映れば、バシッと決めるんですからわからないなぁ。。。

そんなことを言いながら、私も昨日は本当に何もいいところがありませんでした。入金→投票→入金の繰り返しで、もう入金処理をするのが癖になってしまったぐらいで。いけませんね。何とか巻き返します。

覚悟しろよ!大井競馬ということで、「アフター5スター賞」の予想へと参りましょう。

注目は3連覇を狙う⑦番キタサンミカヅキ。59キロは確かに酷量ですが、昨年も59キロで快勝していますから、それ自体は大きく割引く必要はありません。むしろ気になるのは、年齢でしょう。

前走のプラチナCは、勝ったノブワイルドが強かったという見方もできますが、絶頂時のミカヅキなら負ける相手ではないでしょう。正直、往年の迫力が薄れてきたと言わざるを得ません。

⑩番アピアも1200mよりも1000m向きですし、④番キャンドルグラスは久々。上位人気勢に死角はあるということですね。

そこで本命は今が伸び盛りとみて、そして距離適性を買って⑪番ワンパーセント

A級を3連勝し挑んだ前走のプラチナCは、結果的に前が残る流れになってしまいましたが、メンバー最速となる上がり37秒6をマーク。父は高齢まで走り、地方重賞を総ナメにしたトーセンブライト。この馬もまだ上昇の余地を残しています。

そして今回は距離も魅力。1200mは3歳以来となりますが、実はこの距離【1-2-0-0】とオール連対。母スペシャライズはダート1000mで3勝を挙げた快速馬で、叔母のソーアラートもダート1000m~1400mで計6勝。叔父のリザーブユアハートも函館2歳S(芝1200m)の勝ち馬と、とにかく短距離に適性がある母系ということです。

昨日の大井はゴール前で差し馬台頭のシーンが多かったですし、おそらく馬場はこの馬向き。ズバッと差し切る可能性は・・・ですが、③着内に入る可能性は100%とみました。

◎⑪番ワンパーセント
○⑦番キタサンミカヅキ
▲②番サブノジュニア
△④番キャンドルグラス
△⑩番アピア
△⑤番タマノシュタルク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク




















スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク