【フルールカップ2019予想】サウスヴィグラスがいません!

とこ穴です。

続いて、2歳牝馬による一戦「フルールカップ」の予想記事へ。

フルールカップは実に単純な法則があって、難しく予想なんかしなくてもいいぜーって感じだったんですよね。でも今年はダメなんです。異変です。

だって今年は「サウスヴィグラスがいない!」んですよ。

2015年①着モダンウーマン、2016年①着ピンクドッグウッド、③着ハタノオヌール、2017年②着マサノスマイル、③着グラヴィオーラ、2018年①着アークヴィグラスと、目下4年連続でサウスヴィグラス産駒が馬券内だったんですが・・・。

今年は血統面からのアプローチが難しくなりましたから、これまでのレース振り、そして時計を重視するオーソドックスな予想ですね。

2歳牝馬ですから、まだまだ何があってもといったところ。少なくとも逃げて勝ち上がってきた馬よりも、差した勝ち上がった馬を上位に取りたいですね。

本命は⑪番ミホスローロリス

新馬戦では「他が止まってみえる」ほどの末脚を発揮。相手が上がった前走もラストはしっかりと伸びてきました。エスアンドアールとかもそうでしたが、この手のタイプに乗せると怖いのが亀井騎手。先に行きたい馬が多いここは、持ち味全開が望めます。

当然、1000mに戻るのも好材料ですし、外枠も大歓迎。ここ一番で強い母父ブライアンズタイム。最後の直線は「カメイ!カメイッ!カメッ!」と一緒に騒ぎましょうw

対抗は⑦番コーラルツッキー、単穴が⑨番マナモクプニ。相手は2点ですかね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク