【クラスターカップ2019予想】当たりへ寄せちゃう⑬番メイショウアイアン

スポンサーリンク

とこ穴です。

今日(8/12)は振替休日だそうで・・・。相変わらず、まったくピンと来ず。調べてみると前日の11日が山の日だとか。「山の」と聞いても頭に浮かぶのは、ブリザードかフドウぐらいなもんですよ。困ったもんだ。

さて祝日ということで、本日はもうそこらじゅうで競馬が行われますね。当たればどこでもいいということは置いておき、注目はやはり盛岡競馬場で行われる「クラスターカップ」ですよね。

1番人気に推されるであろうコパノキッキングに騎乗するのは、シャーガーCから帰国後すぐに盛岡へ駆けつける藤田菜七子騎手。

世界を股にかけるその活躍は、もう女性騎手ということを忘れさせるものですよね。騎乗論を語ることなんてできませんが、見た目のフォームがカッコよくなってきましたし、ゴーグルをつけた顔もカッコイイんですよね。歴史的1日になる可能性も十分です。

でも当ブログへ足を運んでくださった方は、「コパノキッキング◎とか言ってんじゃねぇよ」だと思いますので、コパノは対抗評価までとして、本命は⑬番メイショウアイアン

2走前の北海道スプリントカップで中央馬相手に②着と好走すると、前走のグランシャリオ門別では脚抜きのいい馬場だったとはいえ、58秒6のレコード完勝。とても9歳馬とは思えないほどの充実ぶりを示しています。

そこで少し調べてみました。というか、昔よく使っていた予想方法ですが、注目は父マヤノトップガン。種牡馬マヤノトップガンには、いくつかの特徴があるんですよね。

まずは「相手強化に怯まない」ということ。

900万①着→神戸新聞杯②着→京都新聞杯②着→菊花賞①着→有馬記念①着。

これはマヤノトップガンの3歳秋の成績ですが、相手が上がるに連れて成績も上がっていることがわかります。そもそも初重賞制覇が菊花賞でしたし。

昇級戦というのは普通は割引材料になるんですが、マヤノトップガンの場合は逆。相手が強くなればなるほどパフォーマンスを上げちゃうタイプで、産駒も連勝する馬が多いんですよね。

稼ぎ頭のプリサイスマシーンは、1000万2連勝→1600万①着→OP③①着→中日新聞杯①着。メイショウトウコンも1000万①着→1600万①着→平安S①着の3連勝で重賞制覇でした。その他にもこの手のタイプがゴロゴロいるんですよね。

そしてもうひとつが「高齢になっても衰えない」ということですね。

先述したプリサイスマシーンは、初重賞が5歳。そして7、8歳でも重賞勝ちがありました。キングトップガンが目黒記念→函館記念を連勝したのも8歳でした。メイショウアイアンの9歳というのも衰えを心配するのではなく、走るマヤノトップガン産駒の特徴としてむしろ歓迎すべき材料ということです。

盛岡競馬場での好走歴もありますし、前走快勝で勢いに乗っている点も魅力。鞍上の落合玄騎手は初年度に58勝を挙げ、2年目の今年メイショウアイアンで早くも重賞制覇。今年もすでに30を超える勝ち星を挙げています。ベテランのアイアンとフレッシュな落合騎手。このコンビには今後も注目となるでしょうね。

ちなみに全部に印がこちら。

◎⑬番メイショウアイアン
○⑨番コパノキッキング
▲⑥番ヒロシゲゴールド
△⑤番ノボバカラ
△②番ブルドッグボス
△⑩番ヤマニンアンプリメ

重賞になると話は別だと思いますが、基本的には前に行った馬が有利な馬場。相手もそんな感じでチョイスしました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク

────────────────
秋もG1勝ちたい方必見DEATH!
春は完全G1マイスターでしたね!
◎桜花賞 5600円→50360円
◎皐月賞 5600円→36600円
◎天皇賞 5600円→67500円
6~1350%実績(検証画像
◎Vマイル5200円→11840円
◎東京優駿5400円→14880円
前夜無料公開の画像
◎安田記念4800円→6720円
前夜無料公開の画像
────────────────
有馬記念までココ一択DEATH!
また伝説を作るのか期待大!
スプリンターズ~ホープフルS
まで無料公開してほしい~!
G1無料公開・激熱買い目
前夜確実に見ておいてください!
────────────────

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク