【エルムステークス2019予想】高速ダートで躍進⑥番サトノティターン

とこ穴です。

札幌競馬場で行われるダート重賞「エルムS」の予想記事になります。よろしくお願いします。

まずは馬場状態ですが、相変わらず速い時計が刻まれる札幌ダート。土曜日に行われた3歳上1勝クラスが1分43秒3。2年前にロンドンタウンがマークした1分40秒9は異次元の時計でしたが、今年はかなりペースが流れそうな顔ぶれ。良馬場で42秒は間違いなく切ってきますし、速い時計がマークされることは間違いありません。

となれば、持ち時計がある馬。もしくは高速決着に強い血統、タイプを狙う必要が出てきます。

持ち時計1位は、1分41秒0がある③番ドリームキラリ。2年前が③着、そして昨年が②着と着順をあげてきており、今年こそは!といったところでしょうか。

しかし先述した通り、今年はかなりのハイペースとなりそうな顔ぶれ。ドリームキラリにとっては厳しい展開が予想されます。

そこで狙いは差せる馬。そして高速ダートに強い(だろう)血統の⑥番サトノティターンを本命視。

マーチSの勝ち馬ですが、それを除けば東京、新潟など軽いダートで計4勝。大型馬でも軽さがありますし、シンボリクリスエス産駒のダート上級馬は、サクセスブロッケン、ルヴァンスレーヴ、サンライズソアに代表されるようにいずれも軽いダートを得意としています。

そしてサトノティターンの全兄が、2009年のエルムSを勝ったマチカネニホンバレですから、血統面の後押しもドーン!なわけです。

今の札幌ダートに適性がありそうで、且つ差せる馬ということで、今年はこの馬に注目します。

対抗以下は、こちら→で確認して頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

【その他の札幌競馬おススメ馬はこちら】

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク