【小倉記念2019予想】高速馬場ならフランケルの出番

ericamccaig / Pixabay

とこ穴です。

続いて小倉競馬場のメイン「小倉記念」の予想記事になります。ささっと行きますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小倉記念2019予想

◎③番タニノフランケル
○⑧番メートルグラース
▲⑥番ノーブルマーズ

本命は③番タニノフランケル

人気先行の感が拭えないことは確かですが、ローカル重賞のひとつやふたつならもう勝てる位置にはいる馬。問題は自分の力を出せる条件かどうかだけでしょう。

その条件というのは、単騎ハナで行けるかどうかということ。

前2走は2番手追走の形。条件戦ならその形でも結果を出せましたが、さすがにオープンまで上がってくると易しくはありません。

個人的にこの馬のベストパフォーマンスと思っているのが、5走前の中山金杯③着。内枠から押し気味にハナへ行き、最後は坂を上ってからもうひと踏ん張り。単騎でリズムよくいければ、最後の力を残すことができるんですね。

今回は絶好枠。強力な同型馬も見当たりませんし、今の小倉はとにかく前が止まらない馬場。ポンと行けば粘り込みでしょう。

そしてもうひとつ。

これは土曜日の結果を見て、改めて感じたことなんですが、やっぱりフランケル産駒は高速馬場が得意なんですよね。3R快勝のサトノソレイユ、そして9Rの7番人気③着クーファウェヌスはともに父がフランケル。今の小倉はとにかく時計が出る馬場ですから、フランケル産駒の出番ということです。

対抗以下は人気上位馬なので、特に見解もいらないだろうと思うので、ここまでにします。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする