【門別競馬・星雲賞2019予想】スーパーステションからどう買うかが問題

スポンサーリンク

おはようございます。とこ穴です。

今日の門別メインは、第16回・星雲賞。

昨年の勝ち馬スーパーステションvs2016、2017年連覇のオヤコダカという構図ですが、昨年②着のモズオトコマエにドラゴンエアル、パイロスター、タイセイプライドなど伏兵陣も多士済々。非常に見ごたえのある一戦となりそうですね。

やはり注目はスーパーステション。前走の帝王賞でも「もしかすると・・・」と思っていましたが、さすがに壁は高かったですね。陣営のコメントでは、力を出し切ったわけではないとのことですが、個人的には力負けかなと。でも今回は地元馬同士。即巻き返しでしょう。

ここはスーパーステションからどう買うかだけ。今季②①着のオヤコダカですが、個人的にはやはり全盛期ほどの迫力がない印象。前走は相手関係にも恵まれていましたし、2走前のコスモバルク記念ではスーパーステションに1秒8も千切られています。

モズオトコマエも前走兵庫惨敗がどうしても気になるところ。タイセイプライドも一気の距離延長になりますし、ディナスティーア・ストーンリバー・パイロスターはそもそもの力差に疑問。

そこで狙いたいのが③番ドラゴンエアル

1600mへの出走は、2014年の大井・雲取賞⑤着以来。流れの違いに戸惑う印象もありますが、個人的にはどうしても2000m以上は長いイメージなんですよね。

それを証拠に、2014年の雲取賞以降の1700~1800mの成績を見てみると【4-2-2-0】。もちろん相手関係もありますが、実は一度も馬券内をはずしていないんです。

久々の1600mで嫌われるようなら・・・妙味十分。スーパーステションの相手はドラゴンエアルで決まりです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
スポンサーリンク