【種牡馬分析④】トーセンホマレボシ産駒の特徴

お疲れさまです。とこ穴です。

久しぶりの更新になりますね。種牡馬分析記事。

過去3回はいずれも更新時に馬券も当たったイイ思い出がありますから、4回目の今回も続きたいところ。その記念すべき4回目は、トーセンホマレボシです!!

1週遅いよ!!という声もバンバン聞こえてきそうですが、そこはもう許して頂くしかありません。予習と復習が競馬の常。イイところはどんどん吸収して、次に生かしていくのが競馬道というもの。そうです、それが私の競馬道なのです!

さてまずはトーセンホマレボシの血統やら、現役時代やらを軽く振り返っておきましょう。

2009年のセレクトセールで1億6000万超で取引された高額馬。(今思えば安い?のかな)。

父ディープインパクト、母エヴリウィスパー(母父ノーザンテースト)という血統で、兄が天皇賞・秋など重賞4勝を挙げたトーセンジョーダン。

他にも日経新春杯②着など計5勝を挙げたダークメッセージや、関東オークス②着のケアレスウィスパーがいて、最優秀障害馬に選出されたビッグテーストが叔父という、ひと言でいえば走る血統というやつですね。枝はどんどん広がっていますね。

現役時の成績は、7戦3勝。京都新聞杯を2分10秒0のJRAレコードで快勝し、ダービーではディープブリランテの0秒1差の③着と好走。将来を嘱望されましたが、残念ながらその後屈腱炎を発症。そのまま引退→種牡馬入りとなりました。

いくら良血と言っても、G3ひとつだけではさすがに目立った繁殖牝馬との交配はなく、種牡馬としてのスタートは決して順風満帆とは言えなかったと思います。初年度産駒の勝ち上がりも5頭だけで、8、13、5、11、3番人気と大半が人気薄。サイアーランキングも、140位でした。

しかし年明けの春菜賞で、浦和から移籍してきたライズスクリューが16番人気①着とド派手な花火を打ち上げると、3月の中山でミッキースワローが未勝利を3馬身快勝。秋にはセントライト記念も制し、2年目の2017年は140位から63位まで上昇しました。

そしてその後も続々と産駒が勝ち上がり、2018年はさらに順位を上げて51位へ。今年は先週の七夕賞を含む14勝を挙げ、すでに34位と昨年を上回る好成績。もう人気種牡馬へのスタートラインに立ったと見ていいでしょう。

なんか書いてるうちに長くなりましたが、ここからこの記事の肝となる部分。産駒の特徴について。勝ち上がった馬を見ていると、ある特徴が見えてきました。

まず、芝・ダート不問であるということ。

芝は571戦31勝、ダートが425戦22勝。勝ち数だけ見れば芝寄りですが、ダートでも北海優駿③着のシベリアンプラウドがいますし、中央では香嵐渓特別(1000万下)を快勝したカレンガリアードも今後の成長次第ではもっと上が目指せる馬。

そしてもうひとつが、平坦巧者・小回り巧者が多いということ。

自身が平坦の小倉芝2000mで未勝利を脱出し、京都新聞杯でレコード勝ちなわけですから、当然と言えば当然かもしれませんが、その特徴は産駒によく受け継がれています。

ミッキースワローは重賞2勝がともに小回りですし、500万勝ちが福島芝2000m。新潟大賞典②着も平坦巧者ぶりを示すものでしょう。

ラジオNIKKEI賞④着のダディーズマインドも、未勝利勝ちは福島芝1800m。現2勝クラスのフィールインラヴも、小倉芝2000mと福島芝1800mで1勝ずつですから、走る産駒はすべからくこの特徴を受け継いでいます。

となると、今の福島芝1800~2000mで狙う馬はもう決まりましたよね。

ちなみに出走馬をざっと挙げておくと・・・。

☆福島土曜日☆

5R 2歳新馬(芝1800m)⑦番ベアーズレター
6R 3歳未勝利(芝1800m)⑨番チェインドレディー

☆福島日曜☆

3R 2歳未勝利(芝1800m)トーセンソワレ

狙いは土曜日の2頭かなと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019


この7月終わり週はコラボ指数が相性いいかもです。
去年の同じレースを検証してみると3重賞全て指数上位的中なんです。
●ーーーーーーーーーーーーーー●
18年アイビスサマーダッシュ  指数1→6→6位
18年クイーンステークス    指数3→1→2位
18年小倉サマージャンプジャンプ指数5→1→4位
●ーーーーーーーーーーーーーー●
だからといって的中するわけではありませんが、過去3年、5年さかのぼり当該レースを的中してる場合19年もきてる事多いんです。過去実績も全て無料で見れるので検証しやすいのです。
ちなみに指数1位は去年全てきてるのでこの軸候補1頭は見ておいてもいいと思います。
今週末全重賞の指数1位はもちろん無料で見れるんです。
情報量が多いのではじめての方はまずはお早目の無料メルマガエントリーし、見方など、いじってみるのがベストかもしれません。当日はバタつくのでなかなか難しいはずです。
普通に長年愛用、参考にしてるので是非チェックしてみてください(無料)




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク