【ジャパンダートダービー2019予想】条件好転⑩番デアフルーグ

スポンサーリンク

お疲れさまです。とこ穴です。

7月10日(水)大井競馬場のメインは、ダービーシリーズのファイナル「ジャパンダートダービー」。

各競馬場のダービー馬の激突を見たいというのが本音ですが、日程や力関係もありますからね。こればかりは仕方ありません。

昨年は怪物ルヴァンスレーヴの強さに酔いしれましたが、今年もとんでもない馬が出てきました。それがクリソベリル。

兄姉にGI馬、重賞勝ち馬がズラリと並ぶ超名家の出身。ここまでの3勝はすべて本気で追う場面なし。ゴールドアリュール産駒最後の大物と言ってもいいかもしれません。

単勝1倍台で勝ちっぷりが焦点。とにかくアクシデントさえなければ・・・というところですが、これを推奨してはこのブログの意味がありません。狙いは当然別の馬。そしてここを使ってきてくれるのを待っていた馬。

本命は⑩番デアフルーグ

新馬戦から伏竜Sまで3連勝。そしてその伏竜Sで負かした相手が、マスターフェンサーと関東オークス圧勝のラインカリーナ。この馬だって重賞級の能力があることは明らかです。

青竜Sは初めての右回り+1600m。インを突いて伸びた内容は悪くありませんでしたが、その前3走ほどの凄みは感じられませんでした。

そして前走のユニコーンS。

逃げたワイドファラオが刻んだラップは、前半600m通過33秒9というハイペース。まともなら先行勢壊滅の流れで、差すこの馬にとってはドンピシャ!と見ていましたが、ラストは意外なほど伸びあぐねての⑦着敗退。

敗因を挙げるとすれば、数字以上に前が楽だったということ。そういう馬場だったということもありますが、個人的には馬場云々よりも「軽い東京マイルは合わない」という印象の方が強かったですね。

今回は右回りに戻りますし、距離延長。そして中山でのレース振りから、地方馬場への適性も疑う余地がありません。適性外の前2走を黒く塗りつぶせば、この馬もクリソベリルと同じ3戦3勝ですw

クリソベリル逆転もあると見て、⑩⇔⑫→③④⑤⑬番の3連単かなとも思っていますが、実は昨日の最終で◎マギーメイ→ラブミージュニア(単1.5倍)のワイド1点で外しているので、決め打ちはダメかなともw

⑩-③⑬番のワイドとかも押さえたいと思います!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク




















スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク