【優駿スプリント2019予想】距離短縮で⑧番カンゲキ!

お疲れさまです。とこ穴です。

6月25日(火)大井競馬のメインは、第9回・優駿スプリント。言っちゃってもいいかなぁ・・・でも恥ずかしいなぁ・・・でも言っちゃおうか。

「電撃の6ハロン!!」

で行われる3歳重賞。(言っちゃった・・・もう誰も使ってない、超化石フレーズを・・・)

としょうもない話はこれだけにして、意外と難解な組み合わせとなりましたね。

4連勝でトライアルに駒を進めた④番アジュディカグラですが、+15キロが堪えたのか、ラスト失速の④着。ここもスカッと勝っていたら、もう堂々の主役でしたが、一気に混戦ムードに。

そして⑤番ヴァルラーム、⑥番ロイヤルビクトリーなども、走るたびに着順が入れ替わっていますから、どの馬を軸にすればいいのか。非常に悩みますね。

そこで当ブログでは、このレースの特徴、傾向に注目してみました。

まず過去5年の勝ち馬を見てみると、14年アピアは好位3番手からの抜け出し快勝。15年ルックザットスキルは逃げ切りで、17年バンドオンザラン、18年クルセイズスピリツは2番手抜け出し。差して勝ったのは、16年のエイシンヒートだけなんですね。

1200mの重賞ですから、各専門紙、スポーツ紙を見てもおそらく展開は「ハイ」と書かれていると思いますが、意外と前が潰れずに残っているんです。

となると、今年も差す馬ではなく、前に行って粘り込める馬が狙い目に。

⑧番カンゲキに白羽の矢。

ここまで【4-2-3-3】で、馬券外となったのは、川崎1500mの鎌倉記念⑦着と、3走前の大井1200m⑤着、そして前走の川崎1400m⑤着の計3回。川崎2戦は完全なる距離不適で、3走前の大井も3か月ぶりの実戦でしたから、情状酌量の余地はあると考えます。

この一戦を目標にしっかりとローテを組んできていますし、この馬のベスト距離は1200mだなと再認識したのが前走。

大外枠からすっと先行しての3番手。そして4角手前で追い出された時の反応の鋭さ、最後の最後でバタッと止まった内容。どれをとってもスプリンターのそれと言っていいでしょう。

そして先行有利のレース傾向にがっちり当て嵌まる脚質。

⑬番ホールドユアハンドはハナに行きたいタイプ。JRA新馬勝ちがダ1150mとはいえ、決してスプリンターではありません。加えて58キロの酷量。ダッシュがつかずの先行~好位追走でしょう。

④番アジュディカグラ、⑤番ヴァルラーム、⑥番ロイヤルビクトリーら人気馬も、いずれも好位~中団グループ。後ろで牽制しあう間にセーフティリードが取れる強みは、やはり見逃せません。

逃げ~先行馬が勝った年は、2着も好位~差し勢が中心。人気どころでいいでしょう。問題は③着争い。実はここが荒れる傾向にあり、4角16番手から飛んできた15年コンドルダンスを筆頭に、すべて差し~追い込み馬。①番ニーマルティアラ、⑩番フォルベルス、⑪番ナガラブラックあたりが候補でしょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019


この7月終わり週はコラボ指数が相性いいかもです。
去年の同じレースを検証してみると3重賞全て指数上位的中なんです。
●ーーーーーーーーーーーーーー●
18年アイビスサマーダッシュ  指数1→6→6位
18年クイーンステークス    指数3→1→2位
18年小倉サマージャンプジャンプ指数5→1→4位
●ーーーーーーーーーーーーーー●
だからといって的中するわけではありませんが、過去3年、5年さかのぼり当該レースを的中してる場合19年もきてる事多いんです。過去実績も全て無料で見れるので検証しやすいのです。
ちなみに指数1位は去年全てきてるのでこの軸候補1頭は見ておいてもいいと思います。
今週末全重賞の指数1位はもちろん無料で見れるんです。
情報量が多いのではじめての方はまずはお早目の無料メルマガエントリーし、見方など、いじってみるのがベストかもしれません。当日はバタつくのでなかなか難しいはずです。
普通に長年愛用、参考にしてるので是非チェックしてみてください(無料)




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク