【北海優駿2019予想】外2000mなら連対圏!②番シベリアンプラウド

スポンサーリンク

お疲れさまです。とこ穴です。

いよいよ、ダービーシリーズも最終戦。すこし寂しくなりますが、意外と今年はいい結果だったんじゃないかなとも。まずは軽くおさらいしておきましょう。

  • 九州ダービー ◎スーパージンガ(①着)→相手ヌケでハズレ。
  • 石川ダービー ◎ロンギングルック(①着)
  • 東京ダービー ◎ミューチャリー(③着)○アギトとの2軸でハズレ。
  • 兵庫ダービー ◎バンローズキングス(①着)
  • 岩手ダービー ◎グレートアラカー(②着)→相手ヌケでハズレ。
  • 東海ダービー ◎エムエムクイーン(①着)○マコトネネキリマル②着で完璧。
  • 高知優駿   ◎アイオブザタイガー(②着)

ハイライトは、石川ダービーと兵庫ダービーですかね。単勝740円と700円ですから、配当的にも十分でした。あ、あとは◎○決着だった東海ダービーもよかったかな。さて最後もビシッと。最低でも◎が連対。これは達成したいですね。

3連勝で北斗盃を制した⑧番リンゾウチャネルが人気の中心。モンテロッソ×タヤスツヨシという何とも掴みどころのない血統ですが、常に正攻法の競馬でとにかくレースぶりに厚みがあるといった印象。大崩れはないでしょう。

それでも今回は全馬初めてとなる2000m。内回りだった北斗盃から外回りに変わっての巻き返しが期待できる馬もいます。

それが②番シベリアンプラウド

デビュー戦のパドックを見て、とにかく馬っぷりの良さが目についた1頭。大型馬で開幕当初のタフな馬場も合うとみて本命に抜擢(ツイートしたような)しましたが、終わってみればモノが違う圧勝でした。

続き2戦目は一転、逃げ切り快勝。そしてキャリア3戦目で北斗盃へ出走。一気の相手強化+距離延長と克服すべき壁は遥かに高く分厚い感じでしたが、リンゾウチャネルと1秒差。②着ジョウランとは、0秒4差しかありませんでした。

トリッキーな内回りということもあり、勝負所ではかなりモタつきましたが、直線に入るともうひと伸びありそうな雰囲気。実際、上りは②着ジョウランを上回りましたから、距離延長で逆転があるという手応えも感じました。

距離延長で一番上乗せがあるのは、おそらくこの馬だと思いますし、キャリア3戦とフレッシュさも魅力。ダービーシリーズ最終戦は、この馬に託します。

馬連②-⑧番本線。3連②⑧-④⑤⑥⑩⑦番。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク