【高知優駿2019予想】見直したい⑤番アイオブザタイガー

お疲れさまです。とこ穴です。

ダービーシリーズ2019も残すところ、高知優駿と北海優駿だけ。早い。

ここまでを振り返ると、まともに外れたのは◎ミューチャリー、○アギトの東京ダービーぐらい。我ながらよくやれているなと褒めてあげたいですねw

さて気を引き締めて残り2レース。頑張りましょう。

地方交流となり、今年で3年目を迎える高知優駿。

1年目こそ地元の雄フリビオンが存在感を示しましたが、2年目の昨年は佐賀からの遠征馬スーパージェットが快勝。②着も大井のコスモバレットでしたから、他地区勢の上位独占となりました。

今年も佐賀からダービー馬スーパージンガと、オールアウトが参戦。そして園田からはアイオブザタイガーとリリコ。いずれも長距離輸送を克服しなければいけませんが、層はかなり厚いと言わざるを得ません。

対して地元勢は雑賀厩舎が執念の4頭出し。しかも鞍上には永森、下原(園田)、御神本(南関東)騎手と、いずれも腕達者ばかり。他地区に地元のダービーを譲ってたまるかという気概を感じますね。

では予想へとまいりましょう。

本命は地元の・・・と言いたいところですが、前走の競馬が印象的で頭から離れない⑤番アイオブザタイガー

前走は兵庫ダービー⑧着。着順、着差だけを見ると完敗に近いですが、レースを見返してみると力負けではないなと。

通過順が「7-7-3-3」となっていますが、これは後方から競馬を進めたわけではなく、むしろスタートは速かったぐらい。すっと3~4番手へつけられましたからね。問題はそのあと。

少し窮屈な位置に入ったこともありますが、キックバックを嫌がり、ズルズルと位置を下げてしまったのです。歯止めがかかったのが、7番手ということなので、正しくは【4-7-7-3】が正解。これだけでも、かなりチグハグだったことがわかりますよね。

それでも勝負所では勝ったバンローズキングスと互角の手応え。さすがに直線に入るとバッタリでしたが、スムーズな差はもっと詰められていたはずです。

当初は岡部誠騎手が騎乗予定でしたが、負傷のため”もとさや”で引き続き大山騎手が騎乗。前走は決して上手く乗れたとは、ご本人も思っていないはず。汚名返上、名誉挽回の騎乗に期待しましょう。

相手は⑭番スーパージンガ、⑦番リリコ、②番アポロンあたり。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019


この7月終わり週はコラボ指数が相性いいかもです。
去年の同じレースを検証してみると3重賞全て指数上位的中なんです。
●ーーーーーーーーーーーーーー●
18年アイビスサマーダッシュ  指数1→6→6位
18年クイーンステークス    指数3→1→2位
18年小倉サマージャンプジャンプ指数5→1→4位
●ーーーーーーーーーーーーーー●
だからといって的中するわけではありませんが、過去3年、5年さかのぼり当該レースを的中してる場合19年もきてる事多いんです。過去実績も全て無料で見れるので検証しやすいのです。
ちなみに指数1位は去年全てきてるのでこの軸候補1頭は見ておいてもいいと思います。
今週末全重賞の指数1位はもちろん無料で見れるんです。
情報量が多いのではじめての方はまずはお早目の無料メルマガエントリーし、見方など、いじってみるのがベストかもしれません。当日はバタつくのでなかなか難しいはずです。
普通に長年愛用、参考にしてるので是非チェックしてみてください(無料)




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク