【佐賀ヴィーナスカップ2019予想】地元勢初の戴冠⑥番マイメン

6月9日(日)の佐賀競馬場のメインは、第3回佐賀ヴィーナスカップ。

今年でまだ3回目なので、傾向というほどのものはまだ見えてきませんが、ひとつ言えることは「他地区勢が強い」ということ。

第1回を制したのは、園田所属のエイシンアトロポス。そして第2回は高知所属のディアマルコが快勝。地元勢は2017年②着ドンプリムローズが唯一の好走であり、のべ13頭が出走し【0-1-0-12】。劣勢が続いています。

今年も園田から1頭(①番エイシンミノアカ)が参戦。そして3回目にして初となる南関東・大井からの遠征馬(④番ペニテンテス・⑧番エースウィズ・⑩番アクアレジーナ・⑪番ステップオブダンス)4頭。傾向通りなら、勝ち馬はこの中にいるというとになりますね。

しかし今年の遠征馬は、それほど強力ではない印象も。①番エイシンミノアカは、2400→1870mと使ってきてからの1400m戦。加えて押し込められる危険を含む最内枠。六甲盃③着など力は認めても、この距離・枠に対応できるかどうかは微妙なところ。

大井からの4頭にしても、アクアレジーナを除く3頭はいずれも初コース。加えて長距離輸送を克服しなくては行けません。ステップオブダンスは力の違いで何とかなっても、その他の3頭は大敗続きの近況から、とても手は出せません。

なら3回目にして地元勢にもチャンスがあるのでは?ということで、本命は⑥番マイメン

このレースで必要となるのは先行力。直線一気はまずなく、単純に力がある馬が先行すれば勝つというのがこのコースの特徴。現に過去2年の勝ち馬も、逃げ切りと2番手抜け出しでした。

前走はこの馬にしては珍しい積極策でしたが、4角馬なりで先頭に立ち、最後は鞍上の真島騎手が、股の間から後続をチェックするほどの余裕。

余力残しでいながらも、時計は1分27秒8。時計だけで言えば、もうこれは勝ち負けのレベル。遠征馬が中団あたりでモタつくようなら、この馬の先行策がフルに生きてくるはず。

相手はなんだかんだ言っても①番エイシンミノアカと、⑪番ステップオブダンスとなりますが、もう1頭面白いところでは⑨番ハッピーハッピー

佐賀移籍後10戦全勝。いずれも余裕綽々の競馬で、まだまだ上積みもありそう。一気の相手強化と距離短縮がどう出るか。ピンパーだと思いますが、押さえておいて損はありません。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
葵ステークスの買い目公開してくれました!
春G1で4勝の無料3連複予想さんからのプレゼント!

みなさんダービーに頭が向いてると思うのですが土曜も重賞あるんですよ!京都で3歳スプリント重賞葵ステークスが開催!このレースを春G1好調予想さんが無料公開!

【無料公開の葵S買い目】


無料提供中の買い目はこちら!土曜から重賞を無料公開してくれるなんて太っ腹ですねー!続けて日曜もダービーが3連複無料公開とのことですがこの実績を見たら見たくなりますよ!
ヴィクトリアM/5200円→1万1840円
天皇賞春/5000円→6万7500円
皐月賞/5600円→3万6600円
桜花賞/5600円→5万360円
ぜんぶ3連複で無料予想で的中ですよ!これだけ当ててたら見たくなるでしょ?どなたでもタダで受け取れるのでせっかくなら葵ステークスから受け取ってみてください。
絶好調無料情報の葵S買い目を見に行く!
無料情報はこちらからすぐゲット!勢いある予想を見逃すな!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク