【東北優駿(岩手ダービー)2019予想】鉄板条件そろった⑧番グレートアラカー

お疲れさまです。とこ穴です。

早いものでダービーシリーズも5弾目。東北優駿(岩手ダービー)です。

かつて新潟、上山、岩手の持ち回りで行われていた「東北優駿」に復活という意味も込められて、新設重賞として行われる一戦。(正直、詳しいことは良く知らないので先輩に教えて頂きましたw)

さてここまでのダービーシリーズの◎馬をおさらいしておきましょう。

  • 九州ダービー ◎スーパージンガ(1番人気①着)
  • 石川ダービー ◎ロンギングルック(3番人気①着)
  • 東京ダービー ◎アギト(14番人気⑬着)
  • 兵庫ダービー ◎バンローズキングス(3番人気①着)

九州ダービーは相手が来なかったので、ハズレみたいなもんですが、石川ダービー・兵庫ダービーは会心のヒット。東京ダービーも結果惨敗でしたが、予想の段階ではワクワクしていたので良しとしますw

残るは岩手ダービー、東海ダービー(6/11)、高知優駿(6/16)、北海優駿(6/19)の4つ。勝ち越しに向けて、ここも落とせません。

では予想へと参りましょう。

まず岩手ダービーと言えば、過去10年で4勝を挙げる「千葉幸喜厩舎」と「大久保和夫氏」のタッグ。

2014年のライズラインを皮切りに、2015年はロールボヌールが快勝。2016年は出走がありませんでしたが、2017年はハドソンホーネットが②着に好走。そして昨年はチャイヤプーンが優勝ですから、とにかくこのコンビから目が離せない・・・というか、絶対に買わないとダメということなんですね。

そして、トライアルのやまびこ賞組がとにかく強いというデータも。過去5年の勝ち馬の内、4頭がやまびこ賞の勝ち馬で、例外2015年のロールボヌールだけ(やまびこ賞不出走)。

「千葉幸厩舎+大久保氏+やまびこ賞勝ち」

このスリーコンボを満たす⑧番グレートアラカーが本命で仕方ないでしょう。

前走のやまびこ賞で、パンプキンズに雪辱。1600→1900mでの逆転は、2000mの今回さらに強気になれる部分でもあります。こちらは父がタイムパラドックスですしね。

相手は6連勝中の⑩番エムワンピーコ。やまびこ賞2~3着の④番パンプキンズ、③番リュウノボサノバになってしまいますが、これではガッチガチ決着。

なので、③着穴の期待で⑨番バイクミリオンと②番マイラバー

前者は常に距離不足を思わせるレース内容。グレートアラカーが後続の千切る展開になれば、この馬が最後③着まで押し上げてくるシーンがあっても。

後者はキャリアが魅力。血統的に距離が延びてさらに・・・の期待もありますから、こちらも③着なら。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
宝塚記念2022攻略法
エフフォーリア、タイトルホルダー
デアリングタクト、そして大好きなアフリカンゴールド!
上半期総決算!ここはやはり的中で締めくくりたい!!
─────────────────────
まずは宝塚記念抽出データ
過去10年前走逃げ切りで重賞勝ちを収めた4~5歳馬は(0-1-3-2)複勝率66.7%。 ヴィルシーナやユニコーンライオンは8番人気、7番人気と人気もありませんでしたね。 今年の登録馬では天皇賞春を勝ったタイトルホルダーとドバイターフを同着で制したパンサラッサが前走逃げ切り勝ち。雨の多い季節なので馬場との相談ですが、先週のように前残り傾向の馬場なら今年も狙えそうです。
─────────────────────
ポイントは前走逃げ切り?!
この2頭はやはり要注目ですね。
そして最後確認する情報はココ
無料LINE予想/重賞
◎3月~17戦13勝
◎投資:87000円

◎的中:314090円
◎収支+227090円

集計一覧)(的中抜粋)先週ユニコーンS×
─────────────────────
最高回収は優駿牝馬1383%
ここの3連複フォーメーション見てから馬券がよいでしょう。
特に一列目2頭は何を選ぶか必見なんです。
宝塚記念2022予想~LINE追加はコチラ
※土曜無料LINE予想から見てください。
先週18日奥尻特別170%(スクショ
11日函館3R240%、東京6R280%(スクショ
自信あるレースを無料公開してくれてます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク