【石川ダービー2019予想】3連覇に期待しましょう!

お疲れさまです。とこ穴です。

6月4日(火)金沢競馬場のメインは、ダービーシリーズの第2戦目となる石川ダービー。

第1回は単勝1.1倍のヤマミダンスが敗れ、第2回も1.5倍ノブイチが③着に敗れる波乱。過去2回とも断然人気が飛んでしまっているように、波乱が期待できる一戦でもあります。

そしてそのどちらとも制したのが、金沢のリーディングジョッキー吉原騎手。やはり地元のダービーですから、気合の入り方が違うという感じもしますね。

今年の騎乗馬は、1冠目の北日本新聞杯を制したスターキャデラック。今年は断然人気馬に騎乗することになりましたが、その前走は完勝ともいえる内容。3連覇に向けて視界良好といったところでしょうか。

しかし3連覇のキーワードは、吉原騎手だけではありません。

本命は⑪番ロンギングルック

ヴィーナスアロー、アルファーティハと2年連続でダービーを制している金田厩舎所属馬。こちらも3連覇がかかっているんですよね。

前走の北日本新聞杯では、スターキャデラックに完敗の③着でしたが、3~4コーナーにかけて外を追い上げる形。かなり長く脚を使っていて、まさに負けて強しがピタリと当て嵌まる競馬だったと思います。

そして今回は全馬が初めてとなる2000m。力が違えば関係なしということも多々ありますが、やっぱり疑うべきは血統面にあるのではないかと。

スターキャデラックは父がアドマイヤマックス。ケイティブレイブという代表産駒がいるとはいえ、やっぱりどちらかといえばマイラー志向。そして母スリーキュートも1200~1400mに良績集中のスプリンター。1700→2000mで疑う余地は十分あるということです。

対してこちらは、父がグランプリボス。「おい!ゴリゴリのマイラー志向やないけ!」と言われそうですが、この馬は母系がとにかくスタミナの塊で、 母ブリトンはサクラローレル産駒で、忘れな草賞(芝2000m)②着、オークス(芝2400m)⑤着の実績。前走見せた持久力はいかにもこの母の血・・・とも受け取れます。

今年も1番人気が敗れ、金田厩舎の戴冠。そう読みました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク