【さきたま杯2019予想】条件揃った①番キタサンミカヅキ

スポンサーリンク

お疲れさまです。とこ穴です。

今日は浦和競馬場で、交流重賞「さきたま杯」が行われます。

連覇を狙う③番サクセスエナジーに、昨年2着の雪辱に燃える①番キタサンミカヅキ。秋のJBC開催に向けても目が離せない一戦となりそうですね。

では早速、予想のほうへとまいりましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

さきたま杯2019予想

◎①番キタサンミカヅキ
○③番サクセスエナジー
▲⑤番サンライズノヴァ
△④番ブルドッグボス
△⑧番ウインムート
△⑩番コウエイエンブレム

今開催の浦和は、とにかくインが有利な馬場。それを証拠に昨日(2日目)は、1枠が4勝の大活躍。道中、内で我慢ができる馬が狙い。

本命は①番キタサンミカヅキ

まずは枠が絶好。幸運の最内枠ですし、6走前の東京盃では狭いインを突いての快勝。馬群に萎縮するタイプではありません。

そして距離短縮も好材料。前走のかしわ記念は、距離を意識するあまり消極的な競馬に。上位を脅かすほどの脚はありませんでしたが、自身も止まっておらず、位置取りがもう少し前なら着順も上がっていたのではないかと思います。

ベストは1200mですが、1400mなら前走ほど構える必要もありませんし、もう一度言いますが距離ロスなく運べる最内枠。ここは巻き返せる条件がそろっています。

対抗が③番サクセスエナジー

今の浦和はとにかく前に行く馬が有利。おそらく主導権を握るのはこの馬ですから、展開利が見込めます。連覇も十分でしょう。

単穴が⑤番サンライズノヴァ

決め手だけで言えば、おそらくメンバー中1番。しかしゲートの悪さがネック。直線の長い東京なら問題はありませんが、浦和向きの脚質ではないですし、馬場も合いません。なのでこの評価が妥当かなと。

②番モーニンは唯一の58キロに加えて、内枠では走れない馬。⑨番ウインムートも久々好発進ですが、昨年のオーバルスプリント⑧着の内容が悪すぎる印象。右回り8勝に対して、左回りはわずか1勝のみ。回りが?

なので馬券は①-③番の馬連1点。3連単①⇔③→④⑤⑨⑩番。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク




















スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする