【東京プリンセス賞2019予想】2強に続くのは②番グレースレジーナ

某競馬専門紙の穴担当です。

4月23日(火)大井競馬場のメインは、南関3歳牝馬クラシック2冠目となる東京プリンセス賞。

これまで牝馬3冠(桜花賞→東京プリンセス賞→関東オークス)を達成したのは、チャームアスリープ1頭だけですから、いかに困難かがわかりますが、桜花賞を独走した⑧番トーセンガーネットはもしかするとアッサリと達成してしまうんじゃないか。そんな期待感があります。

その桜花賞で枠の差に泣いたのが⑩番アークヴィグラス。今回は1800mをどう克服するかがカギとなりますが、上級馬になると意外と距離の壁がないというのがサウスヴィグラス産駒の特徴。ましてや同世代となら…でしょう。

大井初日の馬場を見ていると、比較的前で運んだ馬に有利な馬場ですから、トーセンガーネットが逃げるか番手から抜け出したところに、アークヴィグラスが迫っての一騎打ち。こんな感じになるのかなと。

とすれば、狙いは(結果的に)③着取りの競馬となりそうな②番グレースレジーナ

新馬戦(1200m)快勝後は足踏みが続きましたが、2走前から1600mへ距離を延ばしたことでレース振りがグンと良化。非常に力強い伸び脚が目につきましたし、あの内容なら1800mでさらに良さが出そうな感じもしました。2強が抜け出して、離れた3番手に上がってくるのが、この馬だとみます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
ランキング参加中

twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
PR【東京優駿はコラボ指数で決まりなはず!】
個人的に愛用してるコラボ指数!最近好調なのとダービーとの相性いいんです。
この指数は推奨馬は上位6頭。ダービーとの相性を調べてみたところ・・・過去5年馬券15頭中12頭入線がコラボ指数上位馬なんです。メルマガ会員でない方のために調べておきました!
───────────
着順  1着→2着→3着
18年指数2位→7位→11位
17年指数5位→6位→1位
16年指数2位→1位→5位
15年指数1位→3位→6位
14年指数4位→1位→14位
───────────
これが過去5年の実績です。やはり今年も上位6頭は気になりますね?!



無理にオススメはしませんが、この指数の上位馬で決まるレース正直めちゃ多いんです。
当日お昼にメルマガ会員内”北条のブログ”で【日本ダービー/東京優駿全指数】無料配信されますのでオススメしておきます。三連単狙う方は必見ですね。あと同時に指数1位馬にも注目してみてください。
───────────
平安ステークス
→指数1位チュウワウィザード1着
ヴィクトリアマイル
→指数1位プリモシーン2着
京王杯スプリングカップ
→指数1位ロジクライ3着
NHKマイルカップ
→指数1位アドマイヤマーズ1着
新潟大賞典
→指数1位ロシュフォール3着
フローラステークス
→指数1位シャドウディーヴァ2着
福島牝馬ステークス
→指数1位フローレスマジック2着
───────────
直近指数1位馬は好調なので外してはいけませんね。ダービーは無料で配信されますので普通に見ておくべき!この指数と相性抜群なのでチェックしてみてください。



こんなサイトなので気になる方はバナーをクリックしメルマガ登録へ(無料なのでご安心を)。当日会員内の北条のブログを確認してみてください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク