【フローラS2019予想】今年もハービンジャー産駒に注目

某競馬専門紙の穴担当です。

今週から東京競馬が開幕。ダービーまで続くロングラン開催です。どこかのタイミングで土屋太鳳ちゃんを見に行ければなぁなんてムフムフしながら、楽しみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フローラS2019予想

今年はフルゲート18頭ですが、オープン格は④番ウィクトーリア、⑥番ウインゼノビア、⑨番ジョディー、⑫番エアジーン、18番フェアリーポルカの5頭だけ。賞金400~900万馬が大半ですから、是が非でもオークス切符が欲しい顔ぶれと言えます。

となると求められるのは、状態と適性。この2点に的を絞って、勝ち馬を炙り出したいと思います。

本命は③番エトワール

まず状態面についてですが、今回が走りごろとも思える叩き3戦目。前走後もビシバシと併せ馬を消化してきましたし、動きも迫力満点。個人的にはオークスを見据えた造りではなく、ここが目一杯なんじゃないか。そんな気もします。

そして適性。父ハービンジャーは距離の長短を問わず、多彩な産駒を送りますが、どちらかと言えば少し時計が掛かった方がいいタイプ。

だから瞬発力勝負になりやすい東京コースは合わない印象が強いのですが、不思議とこのフローラSとは相性が良く、17年は1着モズカッチャン、2着ヤマカツグレースとワンツー決着。昨年も3着にノームコアが入線し、【1-1-1-3】と非常に適性の高さを見せています。

そして鞍上の内田博騎手もこのレースとの相性がよく、これまで計3勝(08年1着レッドアゲート、09年1着ディアジーナ、2015年1着シングウィズジョイ)と好成績。

土曜日の芝を見ていると、全体的に逃げ~先行馬が残っているなという感触ですから、この枠も好都合。インでじっくり脚を溜めて直線勝負。その形なら馬券内は堅いとみます。

○▲はこちら→

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする