【福島牝馬ステークス2019予想】⑧番ウインファビラスに穴の気配

geralt / Pixabay

某競馬専門紙の穴担当です。

福島競馬最終週を締め括るのは、荒れる牝馬重賞「福島牝馬ステークス」。10頭と少ないですが、何が来てもおかしくない顔ぶれ。荒れる要素は十分あります。

では早速参りましょう。今回は○と▲までパパっと書いちゃいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

福島牝馬ステークス2019

◎⑧番ウインファビラス
○⑥番フローレスマジック
▲⑤番デンコウアンジュ
△②番カレンシリエージョ

まずは、過去10年【9-7-4-51】の中山牝馬S組をチェック。これがこのレースを予想するうえでの出発点になるわけです。

今年は③番ランドネ、④番カワキタエンカ、⑤番デンコウアンジュ、⑥番フローレスマジック、⑧番ウインファビラスの5頭が該当馬。軸選びはこの中からとなります。

本命は⑧番ウインファビラス

2017年(5番人気14着)に続いて2度目の参戦となりますが、当時は東風S9着からの臨戦。王道ステップからは外れていました。

初勝利がこの福島芝1800mで、3走前の常総S1着も中山芝1800m。コーナー4つの小回りコースが合うタイプですし、全弟ウインブライトも小回り1800mの鬼。血統的後押しも心強いところです。

前走は9着でしたが、差はわずかに0秒3差だけ。少し窮屈な場面があったことも踏まえれば、決して悲観する内容ではありませんでした。

最良ステップで挑む今年はチャンス十分。穴ならこの馬でしょう。

対抗が⑥番フローレスマジック

姉ラキシス、兄サトノアラジンも晩成型でしたから、こちらもおそらくここからが稼働期。前走の中山牝馬Sは5着でしたが、0秒1差だけ。上々の滑り出しとしてよく、叩いた今回はラストの踏ん張りが変わってきます。

単穴が⑤番デンコウアンジュ

2017年2着フロンテアクイーン、2018年1着キンショーユキヒメ、3着デンコウアンジュと、このレースとの相性抜群なメイショウサムソン産駒。「2度あることは3度ある」ではないですが、中山牝馬S最先着馬。6歳牝馬ですが、まだまだ元気一杯です。

△一番手は②番カレンシリエージョ

福島初見参となりますが、ここまで函館芝1800m、小倉芝1800mで計3勝。小回りコース特異なハービンジャー産駒らしいタイプで、前走はそれまでの先行策から一転、差す競馬で快勝。強い明け4歳馬で、まだまだ伸びしろがあります。

馬券は⑧番から馬番・ワイドで流す感じ。おそらく人気はありませんから、ひとつ引っかかるだけでも十分プラスになりそうですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする