【桜花賞2019予想】馬券内なら届く③番ノーブルスコア

某競馬専門紙の穴担当です。

阪神牝馬S、ニュージーランドTとも惨敗。いやはや、難しいですね。

明日はクラシック第一弾の桜花賞。ダレダレがブッ込んだから、単勝オッズがおかしいとか言われていますが、まぁ明日になれば落ち着いてくるでしょう。目立ちたい人ってどこにでもいるんですね。

では参りましょう。最近はあまりイイところがなく、このままではアクセス数も減る一方になりそうなので、ここらで一発歯を食いしばって頑張ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

桜花賞2019予想

先週の大阪杯は直前の降雨の影響もあり、かなりボコボコした馬場で行われましたが、今日の芝を見ているとすっかり回復した感じですね。時計も出ていますし、全体的に内を回った先行馬がよく来ていました。

まずペースですが、近年の桜花賞はとにかく流れません。5年前は伏兵フクノドリームが逃げて、前半600m通過33秒8という記録もありますが、これはこの馬1頭が飛ばしただけ。2番手グループ以下はスロー~平均と言ってよく、それを裏付けるように勝ったハープスターが上がり32秒9。2着レッドリヴェール、3着ヌーヴォレコルトも33秒台でした。

その後も歴史的スローになった2015年レッツゴードンキなんかもありましたし、今年もおそらくペースはスロー~平均。一瞬の決め手、ラストの脚に自信がある馬が台頭してくるとみます。

そこで本命は③番ノーブルスコア

未勝利を上がり35秒4(メンバー最速)で快勝し、復帰後の3戦はすべて3着。前走のチューリップ賞も、ダノンファンタジーには完敗でも上がり33秒8で押し上げてきました。良くも悪くも相手なりのタイプでしょう。

内枠がどう出るかは分かりませんが、岩田騎手ならドン詰まりにはならないはず。もしかするとハナからイン突きを狙っている可能性さえあります。ここも2~3着狙いの馬券、勝てば儲けモンというスタイルで臨みます。

以下は人気通りですが、ちょっと薄めを狙えば⑤番ルガールカルム

アネモネS組からは、ワンダーパヒューム、ファイトガリバー、アローキャリーなどが桜花賞馬となりましたが、1着馬からの優勝は未だなし。ノースサンデー、ソーマジックの3着が最高着順と、他のステップに比べるとやはり貧弱な感は否めません。

しかし今年は、もしかしたら・・・の可能性も。前走は1000m通過58秒6のハイペースで推移しましたが、この馬だけは馬なりで直線早々と先頭に。さすがに最後は詰め寄られましたが、これは着差以上の強さと言っていいでしょう。時計も1分34秒4と、十分合格点がつくものでした。意外と侮れませんよ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする