【浦和・桜花賞2019予想】条件揃った⑤番ゼットパッション◎

某競馬専門紙の穴担当です。

JRAより一足お先にクラシック開幕となる南関東競馬。第一弾として行われるのは、浦和1600mで行われる桜花賞。開花宣言も出されて、いよいよといった感じがしますね。

まず、桜花賞を攻略する上で重要となるのが、枠順と脚質と所属。この3点。

浦和1600mは内枠有利で知られる舞台ですが、桜花賞の過去10年を見ても

1~4番枠【8.5.6】
5~8番枠【1.4.4】
9~11番枠【1.1.0】

とにかく内枠が圧倒的。馬場改修後、多少の変化が生じているとはいえ、このクラスにもなるとやっぱりまだまだ内枠有利と見ていいでしょう。

続いて脚質。

これはもう逃げ馬狙い。過去10年【5.3.1.1】と、馬券外はわずかに2回しかありません。差し~追い込み勢なら、内枠よりも外枠。

最後に所属。

地元浦和勢は、2017年1着スターインパルスの1勝だけ。狙いは、4勝2着3回で並ぶ川崎、大井(小林)勢。船橋勢は少し元気がありませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

浦和・桜花賞2019予想

本命は⑤番ゼットパッション

前走のユングフラウ賞は、1600→1400mで追走に苦しみましたが、トライアルとしては上々の内容。1600mは2戦2勝と負けなしですし、逃げ差し自在の脚質。もうひとつ内の枠に入れればデータ的にも後押しがありましたが、5番枠なら悪くはありません。好成績の川崎勢ですし、ここは逆転に期待します。

対抗が②番トーセンガーネット

兵庫JGでは地方勢最先着となる4着と好走し、続くニューイヤーCでは、平和賞で後れを取ったヒカリオーソに雪辱を果たす形。前走のユングフラウ賞は、トライアルとしては合格点。鞍上に左海騎手なら、迷わず行く一手でしょう。枠も絶好。

単穴が④番ホウショウレイル

前走は待機策を取りましたが、今ひとつ。この馬の良さがまったく出ていなかったように思います。やはりベストは前で運ぶ形。②番トーセンガーネットのハナと見ましたが、前走の出遅れが一過性ではないとすれば、ハナはこの馬になります。なので単穴評価。ピンパーというやつですね。

馬券は馬連⑤-②④番、3連複⑤-②④-②④⑦⑧⑨⑩⑪番と手広く。

最後にホウショウレイルの追い切り動画を。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
期待値MAX!新LINE予想さん
2万分のポイントもらえるのに釣られて。。
LINE友達追加してみると・・・



どーせ何も見れないのかな~と思ってたら
宝馬というプランが19,800円


これはラッキー!
無料で見れる有料情報は熱いかも!
実績見てみると・・・
5/23水沢11R  1084900円 マジ?!
5/20名古屋11R 284560円 ほんと?!
5/19名古屋6R 316960円 嘘でしょ?!
5/18名古屋9R 399320円 名古屋好き?
無理には薦めませんよ。
無料情報より有料情報
やはりそれが無料で見れるなら気になる・・・

ない頭を振り絞ると以下のやり方がベストかも!
1,LINE友達追加でまず2万円分GETしておく。
2,宝馬を追いかけて見てみる。
3,ダービー分析シートも見れたので見ておく。
4,ダービー買い目ももらえるので見ておく。
まず様子見ながら2万円分もらっておくのが得策かと!



LINE友達追加はコチラ/無料
まずは偵察、検証し、2万円分ポイントをどこかで使いましょう!!
※タイミングはお任せしますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする