【六甲盃2019予想】メイショウオオゼキの相手は3頭

スポンサーリンク

某競馬専門紙の穴担当です。

今日は園田競馬場で六甲盃が行われます。ダート2400mの消耗戦。こういうレースは結構好きなんです。

今年は地元馬同士の一戦となりましたが、JRAから移籍後4連勝の⑫番メイショウオオゼキ。この馬が断然の1番人気となりそうですが、その他は横一線とも言えそうな印象。紛れるような気もします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
◎クイーン賞情報
各プラン情報地方好調継続↓↓
12月1発目頼るならココです!
────────────
重賞ハンター情報
11月23日(火)【浦和10R】
────────────
・1-6-4 2000円・1-7-4 3000円
・1-7-6 3000円・1-6-7 2000円
────────────
3連単4点計10000円 3連単[1-7-4]
3,720円 ×3000円=【111,600円】
─────────────
▼重賞ハンター成績
11月23日浦和記念    111,600円
11月17日ハイセイコー記念244,350円
11月09日ローレル賞   138,540円
10月27日平和賞     246,120円
そして朗報は・・


12月1日当日
クイーン賞ワイド買い目
無料公開があるとの事↓

→クイーン賞無料予想はコチラ
11/28 ジャパンC→1,530円 払戻
11/28 東京1R →6,800円 払戻
11/27 阪神2R →6,390円 払戻
11/21 マイルCS→5,880円 払戻
中央もトリガミもありながら的中継続
無料予想地方版要注目です!

六甲盃2019予想

本命は⑫番メイショウオオゼキで仕方なしですね。4連勝はいずれも2番手から抜け出す正攻法の競馬。名前はオオゼキですが、これこそ横綱相撲といったレース振り。

父ハーツクライなら、距離延長でさらに良さが出る可能性さえあります。唯一の不安は大外枠ぐらいでしょうが、こんなもん関係あらへんでしょう。相手探しに専念しましょう。

その相手として挙げたい馬が3頭。

まずは⑪番アリオンダンス

オールマイティーに何でもこなすタイプですが、笠松オータムカップ(1900m)②着などを見ると、距離は長めの方が印象。1700mに戻した前走⑤着は、悪い流れを断ち切る好内容。初めての2000m超となりますが、母父ダンスインザダークなら。

2頭目が⑧番ヨヨギマック

前走のはがくれ大賞典では、上位3頭に離されはしましたが、3コーナー過ぎから追い通しでステッキもバッシバシ。それでも最後は盛り返す脚を見せました。あのしぶとさは長距離戦でこそ。この馬も距離延長がプラスになるはずです。

最後が穴っぽいところで、⑥番トニーポケット

園田移籍2戦目、距離を延ばした前走でキッチリ変わり身を見せてきました。JRA在籍時はダ2100mで未勝利を勝ち上がり、ダ2400mで500万勝ち。その後移籍した金沢でもA級で活躍し、2600mの北國王冠を制していますから、長距離適性は疑いようの余地もありません。この馬も母父ダンスインザダーク。

馬券は⑫-⑥⑧⑪番の馬連・ワイド。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019