【日経賞2019予想】ようやく内枠!④番サクラアンプルール

スポンサーリンク

お疲れさまです。某競馬専門紙の穴担当です。

先週に引き続き、今週も重賞4本立て。そして日曜日にはGI・高松宮記念が行われます。土日はまたもや気温が下がるようですが、春はもうすぐそこ。桜の季節です。

まずは日経賞の予想記事からですが、このブログも何だかんだで続いていますから、昨年はどうだったかなと検索してみると・・・。

本命は7番人気②着のチェスナットコートでした。(記事はコチラ→2018年日経賞

やはり、やればデキる子だったんですねぇ笑

当然、今年も穴っぽいところを推奨!と思っていたんですが、枠順を見て人気云々関係なく、コレだっ!という馬が見つかってしまいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経賞2019予想

本命は④番サクラアンプルール

個人的には非常にお世話になっている馬で、2017年札幌記念①着は丁度イベントにお呼ばれした時の本命馬。「札幌芝1800~2000mは母父サンデー持ちが狙い」が持論ですから、②着ナリタハリケーンとの馬連をしっかり頂いた記憶があります。

そしてその時の推奨理由のひとつが「枠順」。

この馬は、インで脚を溜める形が好走パターン。ですから枠順がとにかく重要なカギとなってくるのです。札幌記念は1枠1番、中山記念②着も5枠でしたが、終始インにへばりついての好走でした。そして6走前の函館記念②着も2枠3番。

その後は札幌記念(5枠9番)、天皇賞・秋(8枠12番)有馬記念(8枠16番)AJCC(8枠11番)と前3走はすべてピンク帽。力を出せる条件ではありませんでした。

勝負どころで外へ振られた前走ですが、差はわずかに0秒6差だけ。8歳とはいえ、能力的な衰えはありませんし、GⅡ~Ⅲならまだまだ上位進出が可能ということです。

そして今回は待望の内枠をGET。しかも鞍上に「サクラ」が似合う横山典騎手を配してきました。先週までの競馬を見ていると、3~4角にかけてかなり内が荒れていますので、この枠は正直不利なんじゃないかと思われそうですが、そこは名手。上手くリードしてくれるでしょう笑

2年連続的中を目指して。今年はサクラさんに期待します。

以下、相手はこちら→に記載していますので、クリック後「今週の重賞ブログ予想印」の日経賞をクリックして、上から9番目になります。よろしくお願いします!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019