【チューリップ賞2019予想】相手筆頭はアフランシール(岩田)

某競馬専門紙の穴担当です。

いよいよ明日から新人騎手、調教師がデビュー。

十数年前は道中の姿勢や位置取り、コース取りを見てもいかにも新人騎手といった感がありましたが、近年の新人騎手はもう全員巧いですよね。名前を確認せずに見ていたら、新人騎手かどうかわからないと思います。

そしてこの時季になると毎年思い出すのが、オースミタイクーン=武幸四郎騎手。初勝利が初重賞制覇という離れ業。あれは衝撃的でしたし、その数分後に中山で行われた弥生賞をランニングゲイル=武豊騎手がマクリ一発で快勝ですからね。この一族はどぉなってんだと笑

まぁ色々な意味で夢が大きかったですね、あの当時の競馬は。こんなこと言っては老害扱いされそうですが。

さて、昔話はここまでにして、阪神のメイン「チューリップ賞」の予想へと参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チューリップ賞2019予想

2歳女王ダノンファンタジーがここから始動。どこからでも動ける自在性と、競り合っての非凡な勝負根性。いずれも超一流馬を思わせる資質を備えており、はっきり言ってここは通過点。

阪神JFで下した2着クロノジェネシス、3着ビーチサンバはクイーンCで1、2着。ダノンファンタジーの強さを改めて浮き彫りにする結果となってしまいました。

2歳女王のチューリップ賞出走時の成績は【4-1-1-1】。

馬券に絡めなかったのは13年9着と崩れたローブティサージュだけで、17年ソウルスターリング、18年ラッキーライラックと目下2連勝中。

「3か月やそこらで勢力図は変わらない」

ということです。ダノンが連対を外すときは、それはアクシデントなり相当な不利があった時だけでしょう。相手探しの一戦です。

その相手が⑩番アフランシール

姉ブランボヌールは、函館2歳S・キーンランドCと洋芝重賞を2勝。距離は保ちませんでしたが、ディープ産駒にしては珍しいパワー型でした。

こちらは父がハーツクライに変わり、よりスタミナ・パワーが増強された感じで、函館芝1800mの新馬戦を快勝。札幌2歳Sでは折り合いを欠きながらも、クラシックの有力馬ニシノデイジーと0秒8差しかありませんでした。

前走は芝1400mを使って快勝でしたが、これは距離短縮が嵌ったわけではなく、単純に力通りの結果だっただけ。1600mに延びてマイナスはありませんし、タフな阪神芝1600mもいかにも合うイメージ。

鞍上の岩田騎手は、中央移籍元年のチューリップ賞でシェルズレイに騎乗し、6番人気2着。その後も、8番人気3着エーシンリターンズ、4番人気2着ヌーヴォレコルトなど、随所に好プレーを連発。なぜかチューリップ賞とは相性がいいんですよね。

近年は技術の目覚ましい進歩もあり、あまり輸送で云々はありませんが、それでも輸送をせずに競馬ができるという点は好材料。栗東入厩が実を結ぶはず。

以下の印は、→をクリック後、今週のブログ予想のチューリップ賞をクリックしてください。上から4番目にいます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
府中牝馬三連単的中! 指数上位4頭決着!!
しかも三連単はなんと・・・77,860円!

1着スカーレットカラー 4人気指数2位
2着フロンテアクイーン 9人気指数4位推奨!!
3着ラッキーライラック 2人気指数3位


こういう9人気から急上昇馬は要チェックですよね?!
この勢いのまま4日開催15日も午前中から飛ばしてきてくれるはず。
→15日前半指数で実力チェック(無料)
→同時に菊花賞+天皇賞の指数も見る(レース当日無料)

無料メルマガ登録で15日前半指数も無料公開!
同時に菊花賞、天皇賞まで全指数公開予定!当日お昼は要チェックです。
もちろん無料なのでお早目にエントリーしておき過去実績もチェックしてみてください。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする