【名古屋・スプリングカップ2019予想】

某競馬専門紙の穴担当です。

名古屋メインのスプリングカップは、直前に気配重視のツイート予想にしようかと思っていましたが、リプレイを見ているうちに「おっ!」と思わせるお馬さんを発見しました。なので、ブログに残しておこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AD/10月も見ます?!
9月重賞最高戦績
もちろん無料公開での話
───────────────
無料会員公開予想
セントライト記念
馬連5点4000円 →29200円
3連単36連500円 →36250円
収支計+27450円
ローズステークス
馬連6点3000円 →27000円
3連単45点400円 →71120円
収支計+62120円
紫苑ステークス
馬連6点3000円 →23700円
3連単30点600円 →41820円
収支計+29520円
札幌2歳ステークス
馬連6点3000円 →0円
3連複15点1200円 →49440円
収支計+31440円
───────────────
何も言う事ありません。
検証結果ここが重賞良好すぎましたね!
10月重賞無料予想はコチラ
↑からメール登録 今週は外れるかもしれません。
ですが9月はこの戦績です。(まず見るだけOK)

スプリングカップ2019予想

現在の1番人気は⑫番アンタエウス。

ここまで7戦5勝2着1回、3着1回と完璧な成績。3走前の2着の勝ち馬は、無敗の女傑エムエスクイーンですから、これは仕方なし。前走の新春ペガサスCは先行抜け出しの横綱相撲。最有力候補であることに変わりはありません。

が・・・。

父ヨハネスブルグはご存じのとおり、1200~1600mあたりが主戦場の短距離型。1800mがめちゃくちゃ長いとは言いませんが、今回は初めての経験。砂を被る競馬を避けられるとはいえ、終始外を回らされるリスクもある大外枠ですから、スタミナ不足の可能性とみれば決していい条件ではありません。

そこで狙いは、スタミナに不安がなさそうなタイプ。そうです。⑧番トリマゴラッキです。

前走の新春ペガサスCはアンタエウスに完敗の2着でしたが、こちらは当時休み明け。前半進みが悪く置かれましたし、勝負所から一気にマクるように進出。かなり中身の詰まったレースをしていました。あれだけの脚が使えるなら、当然スタミナは十分。

今回は叩いての上積みが期待できますし、この距離ならアンタエウス逆転もあるはず。むしろ相手は園田から遠征の④番リリコ、そして浦和から遠征の②番トーセンスプモーニになるような気がしています。

馬連・ワイド⑧-②④番。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019