【浦和競馬12R 紅梅特別2019予想】最終はエンドゲーム

お疲れさまです。某競馬専門紙の穴担当です。

明日は浦和競馬最終日。今開催はあまり気が入る一戦がありませんでしたが、ようやく来ました。買いたいレースが。それが浦和最終12Rの紅梅特別。最終ですから買っても負けてもスッキリしていいですよね笑

開催序盤はかなり水分を含んだ馬場で、とにかく逃げ+内枠有利。浦和競艇かと思うぐらい露骨でしたが、さすがに逃げ一辺倒ではなくなってきました。

しかし中団~後方から脚を伸ばす馬も、道中はインベッタリ。外々を回ってくるようでは最後のひと伸びに繋がりません。そういうレースができる馬と騎手。これが攻略のポイントと言えそうです。

その点を踏まえての本命が④番エンドゲーム

転入緒戦を2着と好発進。一気の距離延長となった前走は終始インにこだわる競馬。距離を意識してのレース運びに映りましたが、完璧な立ち回りにもかかわらず、最後に脚が上がってしまったのは、やはり距離が堪えたと言わざるを得ません。

母タイキクラリティは芝1600m1勝でしたが、祖母がクリスタルC(芝1200m)を勝ったタイキダイヤ。兄クラリティスカイはNHKマイルC馬で、そのひとつ上の兄クラリティシチーも芝1600~1800mの重賞で2着2回3着2回ですから、血統的には確実にマイラー。

今回の1500mへの距離短縮は大歓迎ですし、インを回れるこの枠も好材料。前走に引き続き吉原騎手なら鉄板中の鉄板という評価でも良かったですが、藤江騎手も器用なレースができるタイプ。乗り替わりでの大幅な評価下げは必要ありません。

着賞金でクラスは上がってしまいましたが、斤量は55キロ。B級といってもそう目立つ馬も見当たりませんから、十分好勝負に持ち込めます。

相手の穴は⑥番ワイドコマンダー。こちらは距離延長がプラスとみて◎にした前走ですが、レースを見ると2000m以下の方が合う印象。ワイド、3連2頭軸で。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク