【こぶし賞2019予想】単騎濃厚⑦番ロードグラディオ

PublicDomainPictures / Pixabay

某競馬専門紙の穴担当です。

昨日の夜中にこそっと更新した独り言のような愚痴のようなブログに、たくさんの反応を頂きとても感謝しています。今後もまたポロっと何かしらの思いを伝える記事が更新されるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします笑

さて最大級の寒波が襲来ということで、東京競馬の夜間発売が中止に。開催の有無に業者としてヤキモキしているわけですが、おエライさんたちは「月曜日が祝日だから、3日開催にしちゃおうよ!」と思っているんじゃないかなぁなんて思ったり。ダート変更ももはや死語ですしね(2008年の小倉が最後だったはず)。

なので今回は東京の予想はしません。動向をチェックしてからですね。なのでまずは京都競馬場から狙えそうなところを。それが9Rのこぶし賞。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AD/10月も見ます?!
9月重賞最高戦績
もちろん無料公開での話
───────────────
無料会員公開予想
セントライト記念
馬連5点4000円 →29200円
3連単36連500円 →36250円
収支計+27450円
ローズステークス
馬連6点3000円 →27000円
3連単45点400円 →71120円
収支計+62120円
紫苑ステークス
馬連6点3000円 →23700円
3連単30点600円 →41820円
収支計+29520円
札幌2歳ステークス
馬連6点3000円 →0円
3連複15点1200円 →49440円
収支計+31440円
───────────────
何も言う事ありません。
検証結果ここが重賞良好すぎましたね!
10月重賞無料予想はコチラ
↑からメール登録 今週は外れるかもしれません。
ですが9月はこの戦績です。(まず見るだけOK)

こぶし賞2019予想

本命は⑦番ロードグラディオ

前走はポンとゲートを出ての先行策。道中は少し行きたがる面も見られましたが、最後の直線では一旦抜け出す場面を演出。このクラスでも十分通用することは示しました。

外回り1600から内1600mへ変わる今回は、持ち前のスタートセンスと先行力が存分に生かせる舞台ですし、ここは同型馬不在で単騎濃厚

そして今回は調教も動きました。

栗東CWで、82.2-65.5-50.8-36.9-12.3(一杯)をマーク。これはこの馬の自己ベストになりますし、加速ラップでしっかりとまとめてきました。状態面も文句なしです。

対抗が①番マイネルウィルトス

3走前タイム差なしの勝ち馬は、先週のきさらぎ賞を快勝したダノンチェイサー。2走前の勝ち馬もシンザン記念2着のマイネルフラップと、近走は常に強敵相手。

今回は自己条件で相手も若干軽くなりますし、丹内→川田騎手ならここは勝ちに来た一戦ということですね。馬券内は外しません。

単穴が⑥番カヌラビーチ

半兄が日経新春杯を快勝したグローリーヴェイズ。こちらは父がロードカナロアに変わって、距離に限界があるかもしれませんが、好素質という点では同じ。

馬券は⑦番から馬連①⑥番。3連複⑦-①②③⑤⑥番。あかん、寝ます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする