【きさらぎ賞2019予想】京都で血が騒ぐメイショウテンゲン

stokpic / Pixabay

某競馬専門紙の穴担当です。

昨日のアルデバランSは、ジュンヴァルカンに◎をつけましたが、(大外枠だったのに)終始窮屈な競馬に…。イン突きが決まった桃山Sの再現を狙っていたのかどうかはわかりませんが、不完全燃焼だったことだけは確かでしょう。松山騎手のコメントを待ちます。

今日の京都競馬のメインは、「きさらぎ賞」。

スペシャルウィーク、ナリタトップロード、ネオユニヴァース、アサクサキングス、サトノダイヤモンドなど、のちのGI馬が勝ち馬に名を連ねる所謂出世レース。(菊花賞馬が多いことに気づきますね)

今年は(も)8頭立てとなりましたが、GIでも…と思える素質馬も出てきましたから、当然目が離せない一戦となりそうですね。配当的にはかなり辛くなりそうですが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AD/10月も見ます?!
9月重賞最高戦績
もちろん無料公開での話
───────────────
無料会員公開予想
セントライト記念
馬連5点4000円 →29200円
3連単36連500円 →36250円
収支計+27450円
ローズステークス
馬連6点3000円 →27000円
3連単45点400円 →71120円
収支計+62120円
紫苑ステークス
馬連6点3000円 →23700円
3連単30点600円 →41820円
収支計+29520円
札幌2歳ステークス
馬連6点3000円 →0円
3連複15点1200円 →49440円
収支計+31440円
───────────────
何も言う事ありません。
検証結果ここが重賞良好すぎましたね!
10月重賞無料予想はコチラ
↑からメール登録 今週は外れるかもしれません。
ですが9月はこの戦績です。(まず見るだけOK)

きさらぎ賞2019予想

本命は⑧番メイショウテンゲン

前走は追い出されると外へ外へとヨレてしまいましたが、それでも最後はまだまだ余裕がありました。着差以上の強さ。

母メイショウベルーガは、日経新春杯で初重賞制覇を飾ると、同年の京都大賞典も快勝。エリザベス女王杯ではスノーフェアリーの豪脚に屈しての2着ですが、3着に退けたのが3冠牝馬アパパネでしたし、翌年の京都記念でも2着と好走。とにかく「京都は走る!」という印象が強かったですね。

京都芝1800mで勝ち上がったことはある種必然であり、ひとつ上の兄メイショウテンシャも初勝利は京都芝1800m。京都巧者の血は産駒にしっかりと受け継がれています。

今回は優等生の競馬ができると断定はできませんが、母の主戦でもあり、この馬のデビューからの3戦で手綱を取った池添騎手なら大丈夫でしょう。

きさらぎ賞はディープ産駒が走る!強い!という明らかなデータもありますから、3頭出しで一番オッズがつくところから入ります。

対抗以下は→をクリックしちゃってくだせぇ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする