【ゴールドジュニア2019予想】3連勝◎ゴールドリング

某競馬専門紙の穴担当です。

笠松競馬場のメインは、3歳重賞のゴールドジュニア。

1998年の勝ち馬があのオグリキャップで、1990年が女傑マックスフリート。1992年トミシノポルンガは笠松所属のまま中央に参戦し、テレビ愛知オープン1着、平安S3着、オールカマー4着。

1995年ベッスルキングは、神戸新聞杯3着から菊花賞8着。1997年トミケンライデンは全日本サラブレッドC(交流重賞)を勝ちましたし、まぁそのあともエフワンライデンや、ミツアキサイレンス、フジノテンビー、ホクザンフィールドといった錚々たる顔ぶれ。

そして締めが2010年ラブミーチャン。長くなりましたが、とにかく出世レース中の出世レースだということです。はい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AD/10月も見ます?!
9月重賞最高戦績
もちろん無料公開での話
───────────────
無料会員公開予想
セントライト記念
馬連5点4000円 →29200円
3連単36連500円 →36250円
収支計+27450円
ローズステークス
馬連6点3000円 →27000円
3連単45点400円 →71120円
収支計+62120円
紫苑ステークス
馬連6点3000円 →23700円
3連単30点600円 →41820円
収支計+29520円
札幌2歳ステークス
馬連6点3000円 →0円
3連複15点1200円 →49440円
収支計+31440円
───────────────
何も言う事ありません。
検証結果ここが重賞良好すぎましたね!
10月重賞無料予想はコチラ
↑からメール登録 今週は外れるかもしれません。
ですが9月はこの戦績です。(まず見るだけOK)

ゴールドジュニア2019予想

本命は⑦番ゴールドリング。名古屋移籍後2連勝。1400mを克服し、持ち時計も短縮。最後はまだまだお釣りを残しての楽勝ですから、当然時計もまだまだ詰まりますし、前走の時計1分30秒3は、年明けの重賞・湾岸ニュースターカップの勝ち時計と差のない優秀なもの。

問題は逃げられなかった時がどうかですが、⑩番テンマダイウェーヴは大外枠ですから、無理に脚は使わず好位から。⑥番ブライアンビクターも2走前は好位抜け出しですから、無理に行く必要はありません。となると、案外楽なマイペースもありそう。

対抗が、このレースでは切っても切れない関係にある園田勢⑩番テンマダイウェーヴ

相手が強くなるたびに勝ちっぷりが良くなっていますし、この手のタイプは負けるまで買うのが得策。先日の東海Sを勝ったインティみたいなもんですね。

単穴が⑧番サウスグラストップ。前2走とも鋭い伸び脚で、さすがJRA在籍時3着がある馬。鞍上の佐藤友騎手も、今年すでに20勝。勝率40%、連対率50%ですから、この勝負強さは魅力ですよね。

以下、③⑥⑨番の順に。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする