【大高坂賞2019予想】サクラ・コスタ・ミサイルマンの三つ巴

某競馬専門紙の穴担当です。

明日高知競馬場で行われるのは、黒船賞選考競走でもある重賞・大高坂賞。

頭数こそ8頭と少ないですが、なかなか豪華な顔ぶれ。非常に楽しみな一戦ですが、感触としては三つ巴かなと。

まず、①番サクラレグナム。JRA在籍時にはオープンまで登りつめ、プロキオンS5着の実績。その他、芝1200mのバーデンバーデンC3着などもあったバリバリのオープン馬でした。

明けて10歳とはいえ、暮れの兵庫ゴールドトロフィーでは0秒9差4着と健闘。1番人気のマテラスカイには先着しましたし、直線入口では3着まであるかも!?の手応え。高齢になっても極端な能力減がないのは、母父ブライアンズタイムの影響だと思います。

そして、②番コスタアレグレ。JRA1600万から高知へ移籍。以後、当地では黒潮マイルチャンピオンシップと、JRA交流2勝を含む【6-1-0-0】。前走は船橋へ遠征し、総の国オープン4着と好走しました。

その総の国オープンは、逃げるベンテンコゾウを終始マークする形。最後は振り切られて苦しくなりましたが、2着馬キングガンズラングは京成盃グランドマイラーズの勝ち馬ですし、3着バンドオンザランも南関での重賞勝ち馬。0秒5差なら十分すぎる内容で、地元に戻れば当然上位争いでしょう。

最後に⑥番ミサイルマン。大井・森下厩舎からデビューし、3連勝でハイセイコー記念を制覇。当時現場で見ていたのですが、圧倒的なレースセンスの高さに、カネヒキリの後継はこの馬かも!?と感じたことを鮮明に覚えています。

高知移籍2戦目で久々の美酒。最後方からマクリ気味に進出し、精彩を欠いているとはいえ、高知最強馬フリビオンを置き去りにしたわけですから、その内容は優秀。前走の高知県知事賞はデビュー以来初となる2000m超の距離。3着とはいえ、最後はもう一度盛り返す脚を見せましたし、4着馬には5馬身差。完全に復調なったとみていいでしょう。

馬券はこの3頭での決着が濃厚。仮に崩れたとしてもどれか1頭という感じなので、大波乱はないはず。買い方がカギを握ります。

高知競馬はその日その日によって、馬場傾向や枠の有利不利が変わりますが、最近は前残りのケースが目立ちます。まぁ、強い馬が前に行けば残るのは当然のことなんですが・・・。

ここも前が残る馬場と想定して、軸は②番コスタアレグレに◎。

前走のように控える競馬でもいいですし、枠の差を利してハナを叩けば外枠勢もそうは絡んでこないはず。案外楽なペースに持ち込める可能性もあります。

対抗が⑥番ミサイルマン

前走は若干距離不向きと感じましたし、母系は総じて短距離型。2400m→1400mは流れに戸惑う可能性もありますが、血統的には断然コチラでしょう。自在に立ち回れる器用さも大きな魅力。馬券内は堅いとみます。

3番手が①番サクラレグナム

地元なら・・・とも思いますが、上記2頭よりも器用さがない印象も。最内枠がイイとも思えませんから、こちらの単はなしとみます。

3連単 ②→①⑥→①⑥⑦⑧

これで増えるかどうか怪しすぎますが、とりあえずコレでいきます笑

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク