【日経新春杯2019予想とちょっと思ったこと】

某競馬専門紙の穴担当です。

日経新春杯の◎は、②番グローリーヴェイズ

今開催の京都芝はとにかく時計がかかる馬場で、【1-1-2-13】と大不振のディープ産駒なんですが、日経新春杯と言えばメジロ血統ですからね。これだけは譲れません。

ハイレベルと謳われる明け4歳馬ですし、菊花賞もブラストワンピースと差のない競馬。前日単勝オッズ1番人気も、ある意味納得と言えば納得です。

が、当ブログは穴を狙うがコンセプト。この時点で破綻していますので、特に予想、見解は記しません。

印が気になるぜーって方は、コチラ→をクリックして頂ければと思います。スイマセン。

なので、今回は予想記事をここまでにして、ちょっと思ったことを記していこうかと思います。

最近twitterのTLで、中央競馬が面白くなくなったというツイートをよく見かけます。

そのひとつの要因と思われるのが、外国人騎手問題。

昨年は、ルメール騎手が大活躍。JRA騎手としては最多となる年間GI7勝、武豊騎手の年間最多勝利記録(212勝)を塗り替え、215勝を挙げました。年明け早々には、サートゥルナーリアとのコンビでクラシックを目指すことも発表されましたから、今年もGIをバンバン勝ちまくることでしょう。

今は有力馬に外国人騎手が乗るのが当たり前の時代。しかし、中央競馬がつまらくなくなったという方は、決まってこの点を指摘します。

「また外国人かよ」と。

(バカンスに行って舐めとんか発言は、さすがに時代錯誤すぎて頭を抱えてしまいますが)

でもデムーロ、ルメール騎手って普通にスゴイと思いません?

技術云々の話はさておき、日本に対する愛情やリスペクト。日本人よりも日本人らしい面も見え隠れしますし、デムーロ騎手なんて今やインタビューの受け答えも完璧。

日本語って覚えるのにかなり苦労するそうなんですが、「ソラ」や「折り合い」など競馬用語もバンバン出てきますから、かなり努力しているんだろうなと推測できます。

インスタやYouTubeなどで、「ウェーイ!」ってバカ騒ぎ動画をあげたり、つまんないことばかりツイートする若手騎手がとにかく多い現状を踏まえれば、やっぱり日本人騎手は危機感が足りないんだろうなと。

18歳でデビューして、勝ち数がなくても外車を乗り回せるぐらいの収入があるんですから、向上心が育たないのも当たり前かもしれませんが。

だから、個人的には外国人騎手台頭は必然だと思っていますし、馬券を買う上では非常に助かっていますから、競馬が面白くなくなった原因はここではないと思っています。

じゃあ、面白くなくなった原因はどこ?と言われると、それはまた後日に・・・。

明日も仕事なの忘れていました笑

個人的には上の赤字になっている部分が大きく関係していると思っています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク