【シンザン記念2019予想】荒れる一戦なら⑦番ニホンピロヘンソン

お疲れさまです。某競馬専門紙の穴担当です。

昨日の記事でも書きましたが、京都金杯◎グァンチャーレはとにかく自信がありました。普通に回って来れば、3着は外さないと見ていたのですが、普通に回って来れませんでした涙

最終12Rも逃げると見たメイショウモウコが最後方を走っていましたし、1番人気馬がスイスイ先行しているにもかかわらず、芝1200mとは思えないほど淡々とした流れで、結局最後まで誰も動かず。

新年早々、こんな競馬を見せられてしまうと、もう萎えちゃって萎えちゃって・・・。やっぱりガチンコ感が伝わるのは、地方競馬ってことになっちゃうんですよね。

と愚痴ばかり言っても仕方がありませんから、何とかスカッと決めちゃいたいところ。

今日のメインは、京都競馬場で行われるシンザン記念。

昨年はアーモンドアイが直線一気を決めましたが、今見てみると単勝290円もついているんですね。タイムマシーンがあったら戻りたい。

そしてシンザン記念と言えば、波乱。過去10年、人気通りで決まったと言えるのは、1番人気ミッキーアイル→2番人気ウインフルブルーム→5番人気タガノグランパの14年ぐらい。

あとは2桁人気馬の好走、8~9番人気馬の連絡みなどが目立ちますから、波乱ありきで組み立てるべきでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シンザン記念2019予想

◎⑦番ニホンピロヘンソン
○⑩番ミッキーブリランテ
▲③番ハッピーアワー
△④番ゴータイミング

本命は⑦番ニホンピロヘンソン

前走の朝日杯FSは、レース前からとにかくイレ込んでしまい、まったく競馬にならず。

ラスト2ハロン22秒2で後続を完封した2走前もみじSが、とにかく秀逸。新馬戦は好位抜け出しと、特に逃げにこだわるタイプでもありませんが、ここは逃げ馬不在。

当日、平常心を保てているようならポンとスタートも決められるでしょうから、その形になればもうもらったも同然。なので、パドック気配には十分注意をしてくださいね。

対抗が⑩番ミッキーブリランテ

新馬戦接戦の相手はクラシック候補のウーリリですし、前走完勝は当然っちゃ当然。反応のいいタイプに映りますから、1800→1600mへの距離短縮にも十分対応できるはず。

単穴が③番ハッピーアワー

前走のデイリー杯2歳Sでは、メンバー最速となる上がり33秒6で猛追。母父ディープがいいアクセントになっていて、切れるハービンジャー産駒。依然としてゲートに不安を残しますが、ハマればあっさりも。

以下、”シンザン記念最多勝”の武豊騎手が騎乗する④番ゴータイミング。これ以上、手を広げてもなのでここまでにします。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする