【京都金杯2019予想】グァンチャーレの法則

明けましておめでとうございます。

地方競馬は2日からバリバリとブログも更新しているので、改めて言うのもなんですが、中央競馬はここからスタート。挨拶はきっちりとするタイプなんです。

さて2019年の中央競馬も、もちろん東西の金杯から。

昔から「金杯で乾杯」なんて言われますが、ほとんどが「完敗」のような気がします。そこで過去のレースをチェックしてみたのですが、会心のレースは・・・やっぱりありませんでした。今年こそはっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

京都金杯2019予想

◎④番グァンチャーレ
○②番サラキア
▲⑫番パクスアメリカーナ
△⑮番マイスタイル
△⑥番アドマイヤアルバ
△③番カツジ

本命は④番グァンチャーレ

タイトルにも書いた通り、ここはある法則が発動します。

その法則とは、「グァンチャーレは馬番が1桁番号なら走る」というもの。

ここまで34戦を消化し、1着4回、2着8回、3着5回。計17回も馬券内に来ているわけですが、その内15回は馬番が1桁番号で、あとの2回は10番枠。対して11番枠から外を引くと【0-0-0-9】と壊滅状態。常に馬番が重要になってくるわけですね。

その要因として挙げられるのが、この馬は典型的な内枠ホースだということ。前走のキャピタルSは、最後馬場の中ほどを抜け出してきましたが、直線入口まではインで我慢の競馬。

6走前の大阪城S2着もインを突いての粘り込みでしたし、2走前のスワンS3着もインから差し込む競馬。とにかくインを突ける枠順なら、崩れないということです。

今回も枠順が決まるまで胸ドキでしたが、競馬会から送られてきたFAXを見て、ひとりで小躍りを決め込んでしまいました。4番枠は絶好枠以外の何物でもありません。京都芝1600mも【2-2-0-1】とベスト舞台。ハンデ56.5キロ? そんなもの屁です。

対抗が②番サラキア。

強い明け4歳勢。昨夏小倉でマークした1分39秒5(芝1700m)は破格ですし、ローズS・秋華賞のレース振りを見ると、1600mでより爆発力が出てくるのではないかとも。

ハンデ53キロは恵まれましたし、あとはスタートだけですね。

単穴が⑫番パクスアメリカーナ

こちらも明け4歳馬。いかにもクロフネ産駒らしいマイラータイプで、全姉ホエールキャプチャ(ヴィクトリアマイル勝ち)と瓜二つ。

久々の前走快勝と勢いもありますし、開幕週の馬場もピッタリな印象。あとは一気の相手強化でどうかだけですが、素質はまだまだ上・・・のような気がします。

△1番手が⑮番マイスタイル

前走の中日新聞杯は、さすがに前半から気分よく行き過ぎた印象。特に逃げにこだわるタイプではありませんが、ここは逃げたいツーエムマイスターが外枠に入りましたから、もしかするとこちらがハナという可能性も。そして気性面から1600mも歓迎でしょう。

あとは⑥番アドマイヤアルバ

ダービーの上がり33秒4はメンバー最速。父ハーツクライということもあり、中長距離路線を歩んできましたが、もしかするとこの瞬発力はマイルでこそ生きるのではないかと。現にこの距離では【1-3-1-0】と崩れていないわけですしね。

【馬券買い目】

単複 ④番
馬連・3連複 ④-②③⑥⑫⑮番

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする