【東京2歳優駿牝馬2018予想】今年もサウスヴィグラス!

某競馬専門紙の穴担当です。

いよいよ大晦日。最後は各競馬場で重賞レースがバシバシ行われますね。

大井→東京2歳優駿牝馬(1600m)
笠松→東海ゴールドカップ(1900m)
園田→園田ジュニアカップ(1700m)
高知→高知県知事賞(2400m)

距離もバラエティに富んでいますし、とにかく競馬三昧の1日。自信度で言えば、高知→園田→大井→笠松。こんな感じかなと。

すべてブログに更新し、最終日に大目標である「1日5000アクセス」を狙います!ご協力お願い致します笑

ではまずは一番注目度の高いという意味から、大井で行われる東京2歳優駿牝馬から参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京2歳優駿牝馬2018予想

◎②番スティールティアラ
○④番アークヴィグラス
▲⑭番エムティアン
△⑥番サブノダンサー
△⑦番グレイアンジェラ
△⑧番ダバイダバイ

本命は②番スティールティアラ

1コーナーまではすんなりハナを切れた前走のローレル賞ですが、そこから掛かり気味にホウショウレイル(1番人気)が外から被せてきて、直線入口まで2頭雁行状態の先行に。

終始息の入らない流れとなってしまい、この馬にとっては厳しい流れ。結果的に差し馬台頭の流れを誘発する形となってしまいました。

今回はその手の先行馬がいませんし、枠も絶好。楽にハナを切れることが確定的ですし、今の大井は内が止まらない馬場。アークヴィグラス逆転があるはずです。

そしてサウスヴィグラス産駒というのも、このレースでは大きな強み

2015年1着モダンウーマン、2016年1着ピンクドッグウッド、アップトゥユー。2017年1着グラヴィオーラ、2着ストロングハートと3年連続で勝ち馬を輩出し、前2年はワンツー決着と、とにかくこのレースとの相性がいいんですよね。今年もサウスヴィグラスです!

対抗がローレル賞を勝った④番アークヴィグラス

フルールカップ→リリーカップ→エーデルワイス賞→ローレル賞と重賞4連勝中。とにかく充実度ではグンを抜いていますし、逃げ差し自在。この枠もいいでしょうね。

問題を挙げるとすれば、予定通りの転厩とはいえ、まだ2歳牝馬。環境の変化に戸惑うことがないかどうか。それだけでしょう。こちらもサウスヴィグラス産駒です。

単穴が⑭番エムティアン

函館2歳S4着の実績。前走の赤松賞8着は、距離というよりは馬体減に尽きると思います。

祖母が「あっと驚く」サンドピアリス。叔父にダート重賞4勝のタマモストロングがいますし、意外性に富んだ血統馬。ここでも・・・の期待感も十分。あとは馬体が戻ってくるかどうかだけですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする