【大井競馬・東京大賞典2018予想】

某競馬専門紙の穴担当です。

今日の大井競馬メインは、ダートレースの総決算。第64回東京大賞典。

ルヴァンスレーヴの名前はありませんが、王者ゴールドドリームを筆頭に今年のダート界を賑わせた面々が顔をそろえました。

古豪から入るか、それとも3歳勢から入るのか。毎年、JRA勢が上位を占める一戦ですが、今年は⑦番サウンドトゥルーが船橋へ移籍しての参戦。

勝島王冠でヒガシウィルウィンを子ども扱いした④番モジアナフレイバーも魅力的ですし、6連勝で道営記念を制した③番スーパーステションだって、そう馬鹿にはできません。熱戦が期待できそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AD/10月も見ます?!
9月重賞最高戦績
もちろん無料公開での話
───────────────
無料会員公開予想
セントライト記念
馬連5点4000円 →29200円
3連単36連500円 →36250円
収支計+27450円
ローズステークス
馬連6点3000円 →27000円
3連単45点400円 →71120円
収支計+62120円
紫苑ステークス
馬連6点3000円 →23700円
3連単30点600円 →41820円
収支計+29520円
札幌2歳ステークス
馬連6点3000円 →0円
3連複15点1200円 →49440円
収支計+31440円
───────────────
何も言う事ありません。
検証結果ここが重賞良好すぎましたね!
10月重賞無料予想はコチラ
↑からメール登録 今週は外れるかもしれません。
ですが9月はこの戦績です。(まず見るだけOK)

東京大賞典2018予想

◎⑥番エイコーン
○⑬番ゴールドドリーム
▲⑤番オメガパフューム
△②番ケイティブレイブ
△⑦番サウンドトゥルー
△⑯番アポロケンタッキー

本命は⑥番エイコーン

フリオーソ産駒らしく、ダート転向後【4-4-0-0】。500万から3連勝でオープン入りと、今後の飛躍が期待できる1頭ですが、相手なりに走れそうな印象がありますから、意外とこのメンバーに入ってもヤレるんじゃないかと思うんですよね。

「今の大井はブライアンズタイム!」と口酸っぱく言ってきましたが、父フリオーソがブライアンズタイム産駒ですから、大井のダートも合うはず。繰り上がり出走のツキもあります。

対抗が⑬番ゴールドドリーム

前走はルヴァンスレーヴに完敗の2着ですが、そのルヴァンスレーヴが不在なら・・・でしょう。鞍上にJRA最多勝利記録を更新したルメール騎手。スキはありませんね。

単穴が⑤番オメガパフューム

前走のチャンピオンズCは、前有利の流れ。出遅れ→外を回っての5着なら、ある意味納得と言ったところでしょう。1800mもこの馬にとっては、少し短かったように思います。今回は完全燃焼が期待できる舞台。

以下、②番ケイティブレイブ、⑦番サウンドトゥルー、⑯番アポロケンタッキーまで。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする