【園田金盃2018・ポインセチア賞予想】

某競馬専門紙の穴担当です。

今日の園田競馬メインは、第61回園田金盃。現行の1870mへ移行したのが2009年ですから、もう9年が経つんですね。早い。

ですが、個人的に園田金盃と言えば、やはり2400mで行われていた頃の印象が強いですね。

レコードでサラブレッドを撃破した2001年ワシュウジョージに、デビュー時から何かと話題だったマイネルエクソンが勝った2003年など。

総合力勝負、消耗戦になりやすい一戦で、とにかく最後の直線は力が入ったことをよく覚えています。園田は昔から本当に熱い競馬場です。

さて、思い出話よりも予想ですね。参ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

園田金盃2018予想

◎③番タガノゴールド
○⑩番タガノヴェリテ
▲⑦番サウスウインド

本命は③番タガノゴールド

園田移籍緒戦を快勝すると、続く姫山菊花賞では古豪エイシンニシパを押さえての重賞勝ち。前走はJBCクラシック9着ですが、これは地方馬最先着ですし、勝ち馬ケイティブレイブとは1秒1差。着順ほどは負けていませんから、いい経験と割り切れる一戦です。

今回は有力どころがすべて自身よりも外枠ですから、インを巧みに回ってこれそうですし、まだ園田では底を見せない魅力。1週前には、66.0-49.1-36.4を馬なりでマーク。デキ落ちは感じられません。

対抗も同じく新子厩舎所属の⑩番タガノヴェリテ。

2走前の白山大賞典は馬場が合いませんでしたが、前走の名古屋・東海菊花賞はカツゲキキトキトの2着としっかりと巻き返してきました。今回も当然上位。

単穴が⑦番サウスウインド。

目下3年連続で連対中ですから、園田金盃と言えばサウスウインドと言ってもいいぐらいですよね。復帰後ここが3戦目。当然、今年も狙ってのローテでしょう。キャリアを買います。

本来ならここでオシマイですが、昨日は1230mでビシッと的中。その前も1230mではキッチリと本命馬が来てくれましたから、やはりこの舞台は予想しないわけにはいきませんよね。

9R ポインセチア賞予想

◎③番アサクサプライド
○④番ボンホープ
▲⑤番メイショウルーシー

本命は③番アサクサプライド

1230mはとにかく「枠」と「時計」。そして「脚質」。この3つが噛み合えば自動的にその馬が本命になるわけですが、アサクサは枠と時計の2つをクリア。3走前は19秒8ですし、コンスタントに20秒台をマーク。どうしても後ろからの競馬になりますから、ここも位置取り、捌きひとつでしょう。

対抗が④番ボンホープ、単穴が⑤番メイショウルーシー。

馬券はこの2頭への馬連・ワイド。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする