【船橋競馬・クイーン賞2018予想】

さ某競馬専門紙の穴担当です。

急激に気温が下がり、一気に真冬が到来。船橋もかなり雨が降っていましたし、現地観戦がツライ季節になってきましたが、今日は重賞「クイーン賞」。

プリンシアコメータ、ブランシェクールが人気の中心となりそうですが、ここはハンデ戦。軽ハンデ馬の中にも、魅力的な馬がいますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

クイーン賞2018予想

◎⑤番タイムビヨンド
○③番ブランシェクール
▲⑨番プリンシアコメータ

本命は⑤番タイムビヨンド

今年で3年連続での出走。正直、3連勝で道営記念を制し、意気揚々と乗り込んだ2016年③着ほどの勢いはありませんが、まだ6歳。父タイムパラドックスなら、まだ老け込むことはありえません。

前走の道営記念は、さすがに相手が強すぎましたが、ラストはしっかりと脚を使えていましたし、一瞬のキレは健在。

ここはアイアンテーラー・サルサディオーネと徹底先行馬が2頭。加えて先行勢も強力ですから、ペースがかなり流れそうな印象。展開的にほぼドンピシャと言ってよく、ハンデ51キロなら(昨年もですが)十分差し届く計算です。

対抗が③番ブランシェクール。2走前のレディスプレリュードでは、プリンシアコメータに負けてはいますが、当時は同斤(55キロ)。今回は2きロ差ありますから、逆転も可能でしょう。単穴が⑨番プリンシアコメータ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
宝塚記念2022攻略法
エフフォーリア、タイトルホルダー
デアリングタクト、そして大好きなアフリカンゴールド!
上半期総決算!ここはやはり的中で締めくくりたい!!
─────────────────────
まずは宝塚記念抽出データ
過去10年前走逃げ切りで重賞勝ちを収めた4~5歳馬は(0-1-3-2)複勝率66.7%。 ヴィルシーナやユニコーンライオンは8番人気、7番人気と人気もありませんでしたね。 今年の登録馬では天皇賞春を勝ったタイトルホルダーとドバイターフを同着で制したパンサラッサが前走逃げ切り勝ち。雨の多い季節なので馬場との相談ですが、先週のように前残り傾向の馬場なら今年も狙えそうです。
─────────────────────
ポイントは前走逃げ切り?!
この2頭はやはり要注目ですね。
そして最後確認する情報はココ
無料LINE予想/重賞
◎3月~17戦13勝
◎投資:87000円

◎的中:314090円
◎収支+227090円

集計一覧)(的中抜粋)先週ユニコーンS×
─────────────────────
最高回収は優駿牝馬1383%
ここの3連複フォーメーション見てから馬券がよいでしょう。
特に一列目2頭は何を選ぶか必見なんです。
宝塚記念2022予想~LINE追加はコチラ
※土曜無料LINE予想から見てください。
先週18日奥尻特別170%(スクショ
11日函館3R240%、東京6R280%(スクショ
自信あるレースを無料公開してくれてます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする