【ダービーグランプリ2018予想】

おはようございます。某競馬専門紙の穴担当です。

口酸っぱく言いますが、本職は某競馬専門紙での中央編集業務。しかし馬券はまったく当たりません。そして熱が入るのは、断然地方競馬。これは自身の競馬の原点が、園田・姫路にあるからです。サラッと社名を出しますが、本当は「競馬キンキ」さんに入社したかったです笑

ということで、ブログ・note予想も、地方競馬が圧倒的に多くなっています。こんなスタイルでもお付き合い頂ける方が、少しずつ増えていることに感謝します。ありがとうございます。

さて、明日の水沢競馬で行われるのは、3歳秋のCS「ダービーグランプリ」。開催が危ぶまれていましたが、何とか無事に出走へと漕ぎつけることができたのは何より。ですが、正直顔ぶれを見ると・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダービーグランプリ2018予想

◎⑦番クリノヒビキ
○⑨番チャイヤプーン
▲①番コーナスフロリダ

過去5年の勝ち馬を所属別に並べてみると

2017年 スーパーステション(北海道)
2016年 トロヴァオ(大井)
2015年 ストゥディウム(船橋)
2014年 ドラゴンエアル(川崎)
2013年 ジェネラルグラント(船橋)

すべて他地区勢。至って簡単なことに加えて、意外と配当もイイということもあり、毎年お世話になっているレース(昨年はちゃんとスパステが本命でした)ですが、前述したとおり、今年は開催の有無がはっきりしませんでしたからね。メンバーもかなり手薄になってしまいました。

頼みの綱でさる南関東勢は、⑤番アルファーティハだけ。しかも金沢からの移籍緒戦ということもあり、これまでの南関勢とは少し意味合いが違います。鞍上も田中力騎手では、力の入れ方も何となくわかりますよね。

となると、狙いは開催されることを信じて調整を続けてきた①番コーナスフロリダと、⑦番クリノヒビキの園田2頭。そして地元の大将⑨番チャイヤプーン。この3頭立てと見ていいでしょう。問題は買い方だけ。

本命は⑦番クリノヒビキ

前走は久しぶりの1400mとあって、序盤からかなり出して行く形。さすがに見せ場を作ることはできましたが、上位勢とは距離適性の差でしょう。

父バンブーエールは、2008年のJBCスプリントを含む1200m重賞3勝の快速馬。ドバイゴールデンシャヒーン4着という輝かしい実績もあったスプリンターでした。

が・・・。

実は3歳時はジャパンダートダービー2着。そしてこの水沢ダービーグランプリでも、タイム差なしの2着と好走していました。

アフリート系は大半が短距離馬ですが、時として距離をこなすタイプもいて、アフリート産駒のサカラートもそんな感じでしたね。

ましてやこの馬は母父がサクラローレルですから、スタミナも増強。今年のJBCクラシックを勝ったケイティブレイブと似た配合となっています。頭はこの馬。

対抗が⑨番チャイヤプーン。

前走は岩手復帰戦。戸塚記念快勝を思えば、負けられないところでしたが、まぁ仕方がありません。及第点はつく内容として割り切りましょう。今度は4戦4勝の水沢。当然、アッサリがあってもいいですよね。

単穴が①番コーナスフロリダ。

兵庫ダービー、西日本ダービーともひとマクリで完勝。前走で距離もこなしましたから、ここも崩れるシーンは考えられません。人気通りの評価でいいでしょう。

馬券は⑦番の単勝一本でもいいですが、馬単なら⑦-①⑨番に2点。3連単⑦→①⑨→①⑨番。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする