【北上川大賞典2018予想】紅一点⑦番ユッコの差し

スポンサーリンク

某競馬専門紙の穴担当です。

昨日のチャンピオンズカップは、○(ルヴァンスレーヴ)→◎(ウェスタールンド)→▲(サンライズソア)と見事にハマってくれました。

サンイラズソアは楽逃げがあるかと思っての▲でしたから、結果オーライなだけですが、的中された方からのDMも頂きまして、久しぶりに貢献できたような気がします。また頑張ります。

今日のメインは、ナイターの大井競馬ですが、その前に水沢競馬で行われる重賞「北上川大賞典」を仕留めておきましょう。ダート2500mの消耗戦。大好きな舞台設定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

北上川大賞典2018予想

◎⑦番ユッコ
○⑤番エンパイアペガサス
▲④番プリンスダム

本命は⑦番ユッコ

前走はデビュー以来初めてとなるスプリント戦でしたが、さすがに追走に手一杯。開催中止の影響もあり、思うレースに使えなかったことが敗因であり、ここへ向けての叩き台と割り切れる一戦でした。

父ハーツクライは、2年前の勝ち馬ナリタポセイドン、3年前の③着馬ブルースイショウなど、長距離砲らしくこのレースとの関連が深い血統。

自身も昨年④着と走っていますし、昨年の上位2頭が不在なら、この馬に順番が回ってくる計算も成り立ちます。

ここは⑤番エンパイアペガサスが、オグリキャップ記念の時みたいに直線独走となるはず。ならば当然狙いは後ろから差してくる馬。今年は馬券内確定です。

馬券は馬連・ワイド⑤-⑦番。3連複⑤⑦-①②④⑥番。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする