【ローレル賞2018予想・調教動画(ホウショウレイル)】

某競馬専門紙の穴担当です。

昨日は直前予想の形でnoteを更新しましたが、5番人気(単勝1200円)1着ベニノプリティに◎を打つことができてよかったです。

購入頂いた方からのお礼コメントにも大変嬉しくなりました。これからも一緒に競馬を楽しめるように頑張っていきますね。

さて今日のメインは、2歳牝馬の重賞「ローレル賞」。暮れの東京2歳優駿牝馬のトライアルです。

注目は何と言っても⑪番ホウショウレイル。ここまでワンサイド圧勝の3連勝で、後続につけた差は計8秒。1秒=5馬身の計算ですから、その合計着差は40馬身差ということになります。

間隔があいたことや、一気の相手強化など付け入る隙も・・・ですが、調教の動きを見るとそんな不安は一掃されてしまいました。今回も再度圧逃でしょうね、これは。

久々に現れた、地方生え抜きのスーパースターになりうる逸材ですから、正直こんなところで躓いて欲しくないというのが本音。そういう期待も込めて、馬券もここから行くしかありません。

となると、焦点は相手探し。

今回が南関移籍緒戦となる⑦番アークヴィグラス。ここまで重賞3連勝、前走のエーデルワイス賞ではJRA勢をも撃破しました。

父サウスヴィグラスですから、いかにも南関血統。外々を回って押し切った前走を見れば、決してスプリンターということもなさそうです。

今年も大挙出走となる、門別・角川勢3頭もすべて主力級の評価。上位3頭独占まではなくても、上位2頭に食い込んでくる可能性は十分。

手堅い決着でも当然納得ですが、初日の馬場傾向は「いつも通り」内枠・先行馬が圧倒的有利な馬場。狙いはインをスルスル上がってこれる馬となりそうです。

そこでホウショウレイルの相手に選びたいのが、②番ダバイダバイ

前走は勝負どころ~直線半ばまで、内でガチャガチャとした競馬。最後はインを突いて抜け出してきましたが、正直馬の力で勝った一戦。矢野騎手へ手が戻るのは、大歓迎でしょう。再度同様のレースが可能な枠順。

唯一気になるのは、馬体重。427キロのデビューから、一戦ごとに体重を減らして前走は408キロ。

決して研ぎ澄まされたといった感じはありませんでしたから、さらに減らしてくるようなら見送りまで考えたいところですが、最低でも維持なら。

馬券は②-⑪番の馬連・ワイド。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク