【浦和記念2018予想・調教動画】

某競馬専門紙の穴担当です。

11月23日(金・祝)の浦和競馬メインは、第39回浦和記念。今年は武豊、モレイラ騎手が参戦しますから、仕事を休めるなら現地で空気を感じたいところ(休めないけど)。

人気の中心は、レパード→白山大賞典と連勝中の⑨番グリム。逃げる競馬で活路を開きましたから、今の浦和の馬場とも合っていそうな感じがします。

続いて、②番アポロケンタッキー。前走のJBCクラシックでは期待を持って◎としましたが、後方をついて回っただけ。敗因が判然としませんが、中央場所が合わない印象もありました。慣れた地方の小回りコースなら巻き返せそう。

⑪番クリソライトは、叩いての変わり身ひとつ。実績はこの中に入ればダントツですし、わざわざ武豊騎手が乗りに来るのなら、状態も上がっているとみていいでしょう。

地元勢では、③番トーセンデューク。移籍緒戦の前走が初ダート。父ディープからも適性?でしたが、スタートを決めると先手を奪い、そのまま後続を振り切っての完勝劇。今回は一気に相手が上がりますが、勢いに乗る今なら・・・という気もします。

④番ヤマノファイトは距離がどうか。⑥番オールブラッシュも勢いがありませんし、良くて3着まで・・・という印象。とはいえ、大波乱まではさすがにないですかね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

浦和記念2018予想

◎④番ヤマノファイト
○⑨番グリム
▲②番アポロケンタッキー
△③番トーセンデューク
△⑪番クリソライト

本命は④番ヤマノファイト

前走は勝ったトーセンデュークの大駆けと割り切れる一戦。1900mを2分ジャストで乗り切ったのなら、確かな手応えを掴めた一戦だったと思います。

2000mはダービー7着以来。血統的にも若干長い印象がありますが、コーナーをクルクルと回る浦和2000mなら誤魔化しが利くはず。今開催はイン有利の馬場。外枠勢は終始外へ振られる可能性がありますが、この枠ならインピッタリが可能。

南部杯快勝のルヴァンスレーヴ、JBCクラシック2着のオメガパフュームなど今年の3歳ダート馬はとにかく粒揃い。さすがにその領域までは・・・ですが、この馬も高い素質の持ち主ですし、案外手薄なこの相手なら、結果を出さなくてはいけないところでしょう。

対抗が⑨番グリム、単穴が②番アポロケンタッキー。△も印通りですから、馬券的には④番の単複が一番いいかもしれません。

最後に調教動画。
↓トーセンデューク

↓シュテルングランツ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
早起きは三文の得!
  午前中に諭吉の神が40人降臨した8日中京
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中京1R 4位⇒1位⇒7位
中京2R 3位⇒11位⇒12位
中京3R 2位⇒12位⇒6位
中京4R 2位⇒3位⇒1位 3連単的中10,810円
中京5R 5位⇒3位⇒5位 3連単的中172,260
中京6R 4位⇒5位⇒2位 3連単的中203,240
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


指数推奨が上位6頭。そのままBOX購入すると
的中額:477,310円
馬券代:72,000円
収支:405,310円
7万投資で40万プラスの回収率662%

今シーズン9月から見ても
今年1月から見ても各会場午前中はかなりプラス収支多数。
1~6レースのココの指数・・・実は無料で公開されてるんです。
メール会員になるだけでこの指数は毎週無料で見れるのでガチでおすすめなんです。
もちろん重賞も1鞍当日見れますので朝日杯FSは当日北条のブログを見てみてください。
来週も僕はプラス40万狙ってみます。
※今回6レースで+40万の週出来過ぎではありますが、
普通に+7万とか+10万の午前中は多々あります。
レース選定は指数上位馬にオッズ高い馬が2頭きたら20万馬券の確率高いです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする