【浦和記念2018予想・調教動画】

某競馬専門紙の穴担当です。

11月23日(金・祝)の浦和競馬メインは、第39回浦和記念。今年は武豊、モレイラ騎手が参戦しますから、仕事を休めるなら現地で空気を感じたいところ(休めないけど)。

人気の中心は、レパード→白山大賞典と連勝中の⑨番グリム。逃げる競馬で活路を開きましたから、今の浦和の馬場とも合っていそうな感じがします。

続いて、②番アポロケンタッキー。前走のJBCクラシックでは期待を持って◎としましたが、後方をついて回っただけ。敗因が判然としませんが、中央場所が合わない印象もありました。慣れた地方の小回りコースなら巻き返せそう。

⑪番クリソライトは、叩いての変わり身ひとつ。実績はこの中に入ればダントツですし、わざわざ武豊騎手が乗りに来るのなら、状態も上がっているとみていいでしょう。

地元勢では、③番トーセンデューク。移籍緒戦の前走が初ダート。父ディープからも適性?でしたが、スタートを決めると先手を奪い、そのまま後続を振り切っての完勝劇。今回は一気に相手が上がりますが、勢いに乗る今なら・・・という気もします。

④番ヤマノファイトは距離がどうか。⑥番オールブラッシュも勢いがありませんし、良くて3着まで・・・という印象。とはいえ、大波乱まではさすがにないですかね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

浦和記念2018予想

◎④番ヤマノファイト
○⑨番グリム
▲②番アポロケンタッキー
△③番トーセンデューク
△⑪番クリソライト

本命は④番ヤマノファイト

前走は勝ったトーセンデュークの大駆けと割り切れる一戦。1900mを2分ジャストで乗り切ったのなら、確かな手応えを掴めた一戦だったと思います。

2000mはダービー7着以来。血統的にも若干長い印象がありますが、コーナーをクルクルと回る浦和2000mなら誤魔化しが利くはず。今開催はイン有利の馬場。外枠勢は終始外へ振られる可能性がありますが、この枠ならインピッタリが可能。

南部杯快勝のルヴァンスレーヴ、JBCクラシック2着のオメガパフュームなど今年の3歳ダート馬はとにかく粒揃い。さすがにその領域までは・・・ですが、この馬も高い素質の持ち主ですし、案外手薄なこの相手なら、結果を出さなくてはいけないところでしょう。

対抗が⑨番グリム、単穴が②番アポロケンタッキー。△も印通りですから、馬券的には④番の単複が一番いいかもしれません。

最後に調教動画。
↓トーセンデューク

↓シュテルングランツ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする