【笠松グランプリ2018予想】今年も他地区勢

某競馬専門紙の穴担当です。

笠松競馬場では、地方交流「笠松グランプリ」が行われます。

注目は笠松グランプリ4連覇の偉業に挑む③番ラブバレット。禁止薬物騒動に揺れる岩手競馬所属馬としても、ここは明るいニュースを届けたいところですね。

そして、このレースの大きな特徴が、他地区勢が強すぎるということでしょう。

過去5年の上位3頭の所属を見てみると

17年 岩手→園田→大井
16年 岩手→北海道→浦和
15年 岩手→浦和→高知
14年 浦和→大井→佐賀
13年 佐賀→川崎→大井

見事なまでに他地区勢が上位を独占。名古屋、笠松勢の好走は皆無ですし、昨年の1、2着馬が今年も参戦なら、この流れに抗うことはできません。

今年、他地区から参戦してきたのは②番エイシンヴァラー(園田)、③番ラブバレット(岩手)、⑥番エイシンバランサー(園田)、⑧番タイセイバンデット(北海道)、⑨番サクラレグナム(高知)の5頭。

この5頭BOXを買えば、(間違いなく)当たるわけですが、問題はオッズ。3連複の5頭BOX10点でプラスになるのならいいですが、おそらく無理でしょう。なので、ここから絞っていきましょう。

まず③番ラブバレット。これが崩れることはないと決めつけます。枠も悪くないですし、中間の調整も順調。前走のJBCスプリントでも見せ場を作りましたから、4連覇へ向けて視界良好といったところ。

続いて園田の2頭。鞍上配置から当然⑥番エイシンバランサーが上位。笠松1400mも3走前に快勝していますから、適性も◎。問題は個人的に下原騎手との相性が最悪ということだけ。

②番エイシンヴァラーは、地元の山下騎手が騎乗。昨年の2着馬で黒船賞の勝ち馬ですから、アッサリがあっても驚けませんが、近走は一息。良くて3着まで・・・かなと。

⑧番タイセイバンデットは、前走の絆カップで2着と好走。1600mを克服し、ようやく本調子とも受け取れますが、スロー逃げ。相手も相手でしたから、過信禁物でしょう。

最後に、⑨番サクラレグナム。9歳馬ですが、4走前のさきたま杯6着、前走の東京盃も0秒8差8着ですから悪くありません。地方馬同士のここは力が入る一戦です。

結論。馬連なら③-⑥⑨番の2点。3連単③→⑥⑨→②⑥⑧⑨番。こうですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク