【笠松グランプリ2018予想】今年も他地区勢

スポンサーリンク

某競馬専門紙の穴担当です。

笠松競馬場では、地方交流「笠松グランプリ」が行われます。

注目は笠松グランプリ4連覇の偉業に挑む③番ラブバレット。禁止薬物騒動に揺れる岩手競馬所属馬としても、ここは明るいニュースを届けたいところですね。

そして、このレースの大きな特徴が、他地区勢が強すぎるということでしょう。

過去5年の上位3頭の所属を見てみると

17年 岩手→園田→大井
16年 岩手→北海道→浦和
15年 岩手→浦和→高知
14年 浦和→大井→佐賀
13年 佐賀→川崎→大井

見事なまでに他地区勢が上位を独占。名古屋、笠松勢の好走は皆無ですし、昨年の1、2着馬が今年も参戦なら、この流れに抗うことはできません。

今年、他地区から参戦してきたのは②番エイシンヴァラー(園田)、③番ラブバレット(岩手)、⑥番エイシンバランサー(園田)、⑧番タイセイバンデット(北海道)、⑨番サクラレグナム(高知)の5頭。

この5頭BOXを買えば、(間違いなく)当たるわけですが、問題はオッズ。3連複の5頭BOX10点でプラスになるのならいいですが、おそらく無理でしょう。なので、ここから絞っていきましょう。

まず③番ラブバレット。これが崩れることはないと決めつけます。枠も悪くないですし、中間の調整も順調。前走のJBCスプリントでも見せ場を作りましたから、4連覇へ向けて視界良好といったところ。

続いて園田の2頭。鞍上配置から当然⑥番エイシンバランサーが上位。笠松1400mも3走前に快勝していますから、適性も◎。問題は個人的に下原騎手との相性が最悪ということだけ。

②番エイシンヴァラーは、地元の山下騎手が騎乗。昨年の2着馬で黒船賞の勝ち馬ですから、アッサリがあっても驚けませんが、近走は一息。良くて3着まで・・・かなと。

⑧番タイセイバンデットは、前走の絆カップで2着と好走。1600mを克服し、ようやく本調子とも受け取れますが、スロー逃げ。相手も相手でしたから、過信禁物でしょう。

最後に、⑨番サクラレグナム。9歳馬ですが、4走前のさきたま杯6着、前走の東京盃も0秒8差8着ですから悪くありません。地方馬同士のここは力が入る一戦です。

結論。馬連なら③-⑥⑨番の2点。3連単③→⑥⑨→②⑥⑧⑨番。こうですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
土曜から勝ちたい!
そう勝っておきたい!
まず照準に定めるのはアルテミスステークス

最近の流行りは・・・
独自データ+頼れる馬券師と答えあわせ!
このやり方が最近ベスト!!
─────────────────────
まずアルテミスSに関するデータをご紹介
昨年は須貝厩舎のソダシが優勝したレースですが、 1番人気馬は厩舎の所属を見ると取捨が簡単! 関西馬が1番人気だと(4-1-0-0)。すべて連対していますが 関東馬が1番人気だと(0-1-0-3)2着が1回あるだけまだ1度も優勝なし。 新馬戦では衝撃的な末脚を見せたフォラブリューテですが、この馬が1番人気になるようだとまだ1度も優勝した事のない関東馬の1番人気。 それでも勝つようならこの先G1馬になるかもしれませんね。そしてフォラブリューテを念頭に答えあわせはココで確認します。
─────────────────────
無料公開買い目2021
スプリンターズS 476%
3連複19点300円→27150円
シリウスS    297%
3連複19点300円→16770円


─────────────────────
土曜重賞公開だといい感じなんです!
そして今週末アルテミスS2021を無料公開との事!
アルテミスS2021買い目はコチラ

実はここ見といた方がいいもうひとつの理由があります。
・天皇賞春2020→67,500円/回収率1350%
・天皇賞秋2020→ 5,760円/回収率107%
・天皇賞春2021→ 6,120円/回収率128%
天皇賞3連続無料予想的中してます。
気になる方は↓↓
天皇賞秋2021買い目はコチラ
メール登録しておくと前日夜買い目見れるので今週は要チェックはココです。
無料予想ですが精度は有料クラスなのでおすすめできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク