【霜月ステークス2018予想】東京1400mで見直す⑨番アードラー

某競馬専門紙の穴担当です。

土曜の東京芝は、波乱の連続。その要因として挙げられるのが「Cコース変わり」ですが、とにかくラチ沿いを走った馬は、まったく止まりませんでしたね。

今日もおそらくその流れ(開催終了後にナニカ細工をしていなければが前提ですが)なので、勝負レースは芝ではなく、ダートの方で。メインの霜月ステークスで頑張ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

霜月ステークス2018予想

◎⑨番アードラー
○⑭番ドンフォルティス
▲⑫番ダンツゴウユウ
△④番サトノファンタシー
△⑮番コウエイエンブレム
△⑯番ラテンロック

本命は⑨番アードラー

後ろから運ぶ馬とはいえ、前走は余裕のない追走。加えて、エンジンが掛かった直線入口で前をカットされる不利(テレビではちょうど映らなかった)。

そこから外へ持ち出して0秒5差。完璧に脚を余したようにも映りました。

今回は1400mですし、鞍上も3勝マークの松若騎手。2走前のグリーンチャンネルカップの1着馬サンライズノヴァ、2着ナムラミラクルは続く武蔵野Sでも1、3着と好走しましたから、3着だったこの馬も続きたいところ。

対抗が⑭番ドンフォルティス

南部杯を制し、ダート的なしのルヴァンスレーヴに唯一土をつけたのがこの馬。2100mの前走白山大賞典は、まったくの参考外(ブログでも自信のヌケでした)。

手応え以上に伸びなかったレパードSを見ても、もう1800mでも長く、ベストはこれぐらいの距離なのかもしれません。

単穴が⑫番ダンツゴウユウ

1600~1800mに良績を残しますが、父はバンブーエール。少し掛かり気味に行く面もありますから、オープンになるとこれぐらいの距離の方がいいでしょう。ハンデ54キロなら。

△では、⑯番ラテンロックに注目。

大型馬らしく、叩いて叩いて良くなるタイプ。久々使って大外枠もあたりました。ここは変わり身が大きいはず。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする