【東京11R・東京スポーツ杯2歳S2018予想】

某競馬専門紙の穴担当です。

11月もすでに中旬。あっという間に有馬記念ですよ。本当に時が経つのは早い。

そして日曜日は誕生日。昨年は秋陽ジャンプS(4番人気1着シンキングダンサー)を直前line配信とかしてましたね。

その後ハズレが続き、ブロック数が急激に増えてしまったことにショックを受けて、すっかり放置プレイになっていますが、久しぶりに直前好気配馬の配信をしてみようかな。あくまでも気分次第ですが笑

さて、17日(土)のメインは、東京競馬場で行われる「東京スポーツ杯2歳ステークス」。

今週からムーア、ビュイック騎手の2名が騎乗を開始。ここも有力馬の大半にカタカナ騎手が騎乗しますし、今日は障害を除く11Rすべて持っていかれるのでは?と思っています。これも時代の流れでしょうか。では予想へ参ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京スポーツ杯2歳S2018予想

◎⑤番ヴァンドギャルド
○⑮番ルヴォルグ
▲⑫番ホウオウサーベル
△⑭番アドマイヤスコール
△⑨番ダノンラスター

本命は⑤番ヴァンドギャルド

前走はスタート一息で、馬込みに入れる形。初戦としては揉まれる競馬で厳しいかと思いましたが、直線へ向くと間を割って抜け出してきました。

少し緩くなった馬場で、上り33秒9。この瞬発力がいかにもディープ産駒ですし、最後は余力残しにも映りましたから、こいつはかなり奥があるぞぉというのが正直な感想。

長距離輸送に初距離、初コースと超えるべき壁が高いですが、不安よりも期待の方が大きいですね。来春まで追いかけたくなるレースを見せてほしいですね。

対抗が⑮番ルヴォルグ

こちらもディープ産駒。新馬戦はノーステッキながら、ラスト2F11秒0-11秒3。510キロとディープ産駒にしては大柄ですが、鈍重さは皆無。かなりの素質、スケールを感じさせます。

さらに鞍上に世界№1ジョッキーのR・ムーア騎手。もう鬼に金棒どころか、鬼にチェーンソーぐらいの無敵感がありますね。今年も2歳勢が好調な藤沢和厩舎から、また1頭スター候補が誕生となるでしょうか。

単穴が⑫番ホウオウサーベル

こちらも新馬戦は上り33秒8。時計が出る新潟コースという点はありますが、勝ちっぷりはなかなかのものでした。姉が紫苑S勝ちのビッシュ。血統的にも筋が通っていますし、鞍上のM.デムーロ騎手も、そろそろ存在感を示したいところでしょう。

以下、⑭番アドマイヤスコール、⑨番ダノンラスター。いずれも前走は上り33秒台。

先週は500万の芝1600mで、1分32秒台がマーク。依然として時計の速い決着が続いていますから、野路菊1、2着の③番カテドラル、⑦番ヴェロックス。②番ニシノデイジー、④番アガラス、⑪番ナイママは、時計勝負に対応できるかどうか。今回はバサッと切るのも、ひとつの手ではないかと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする