【デイリー杯2歳ステークス2018予想】距離短縮で①番ヤマニンマヒア

某競馬専門紙の穴担当です。

京都のメインは、2歳馬による一戦「デイリー杯2歳ステークス」。

先週の京王杯2歳S、ファンタジーSに続いて、ここも9頭と少頭数。いざ頭数が揃うGIへ繋がる一戦となるのかどうか微妙なところですから、現時点での完成度を重視。では予想へ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デイリー杯2歳ステークス2018予想

◎①番ヤマニンマヒア
○③番アドマイヤマーズ
▲⑧番ダノンジャスティス
△②番アズマヘリテージ
△④番ドナウデルタ

本命は①番ヤマニンマヒア

前走はレースからかなりエキサイトしていて、まったく競馬にならず。

ゆくゆくは距離も保つかもしれませんが、現時点では無理に抑え込むよりも馬の気持ちに合わせた競馬が合いそうな印象。その点から、距離はこれぐらいがベストでしょう。

2走前の未勝利勝ちは、従来のレコードを1秒上回る好時計。時計の出る小倉がマッチしたとすれば、当然京都も合うはず。

前に壁を作って運べる最内枠も好材料ですし、4角でインがガバッと開くのが京都外回りの特徴。あとは手応え通りに行けば・・・。

対抗が③番アドマイヤマーズ

デビューから完璧な競馬で2連勝。新馬戦で競り勝った2着馬が、新潟2歳ステークスの勝ち馬ケイデンスコールですから、この馬の評価もグンと上がって当然。無傷の3連勝も十分です。

単穴が⑧番ダノンジャスティス

父キングマンは馴染みが薄いですが、通算成績8戦7勝でその中にマイルGIが4つ。2014年の最優秀3歳牡馬&年度代表馬にも選出された歴史的名馬・・・だそう。

新馬戦はラスト3Fが12.2-11.3-11.2の加速ラップ。それを悠々と差し切っちゃうんですから、類まれなる瞬発力はしっかりと産駒にも受け継がれているようですね。

この一戦で勢力図をガラリと塗り替えてしまう可能性もある馬で、まさに単穴にピッタリ。

△の中では②番アズマヘリテージ。前走のアルテミスSでは、最後の直線で狭くなる場面もありましたが、その時点でもう脚も残っていませんでした。

父が天皇賞馬トーセンジョーダンですから、1600mが長いなんてことはないはず。距離2度目で、良績残す右回りに戻れば。この枠ならイン突きが決まった小倉2歳ステークス2着の再現があってもいいでしょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
ランキング参加中
line登録はコチラ→友だち追加
twitterはコチラ→
↓クリックして頂ければ、嬉しい限り。(3つすべてとは言えません)
にほんブログ村 競馬ブログへ
””日経新春杯指数上位馬で的中””
当日会員内北条のブログにて毎週指数が見れてかつ的中無双。
こんな流れで最終見解、最終の絞り込み!当日お昼にみんなが何を見てるのか解説しちゃいます!
まず指数データを無料公開。もちろん着順は入ってないです(笑)

そして指数データと直近まで情報を北条氏が解説開始。
10時半時点でのオッズを見てみると、1番人気、指数1位は02番 グローリーヴェイズ。過去のデータでは1番人気の勝率こそ、そこまで高くはありませんが、3着内率は優秀なので是非押さえておきたいところです。続いて過去5年の傾向を見てみましょう。
#ここで過去の指数値、実績、相性を公開#
2018年1月14日(日)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:07番 (指数2位)(1番人気)
2着:02番 (指数10位)(4番人気)
3着:09番 (指数12位)(7番人気)
2017年1月17日(火)
京都11R 日経新春杯(G2)
1着:05番 (指数1位)(1番人気)
2着:03番 (指数3位)(2番人気)
3着:08番 (指数5位)(4番人気)
【人気データ】

【前走着順データ】

【前走クラスデータ】

2番人気の勝率が高い。たしかに直近5年で見ても40%です。ちなみに直近5年なら1番人気も勝率40%です。また、去年は前走データを中心に予想したら的中したので、今年も前走データを考慮しましょう。前走クラスがG1、1000万下もしくは前走着順3着まで。この条件に該当し、かつ指数上位の馬がこちら。・・・そして””最終5頭に絞り込んでくれるので必見””

02番 グローリーヴェイズ(指数1位)★
05番 シュペルミエール(指数4位)★
10番 ルックトゥワイス(指数2位)★
12番 メイショウテッコン(指数5位)
16番 ムイトオブリガード(指数2位)
まれに指数下位が突っ込んでくる可能性もあるので、ワイド、馬連あたりでの勝負が無難かと思います。(引用終)★が入線した馬です。5頭BOXでも3連単収支はプラスです。結果は↓↓

このような流れで指数推奨上位6頭を5頭まで絞り込み、券種見解なども織り交ぜてくれます。今週末はアメリカJCC、その翌週は根岸ステークスを各馬指数+解説+過去データ+最終見解を公開。これが無料なので毎週当日ログインしてます。
サイトはコチラです。確認メールきたらクリックしてログイン。指数1位2位は見ておくべき鉄板馬かもです。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする