【ラブミーチャン記念2018予想】ポイントは2つ。◎は⑨番エリアント

某競馬専門紙の穴担当です。

明日、11月8日(木)笠松競馬場で行われるのは、2歳重賞のラブミーチャン記念。

笠松から全国区の活躍を見せたラブミーチャンの名を冠した一戦で、今年で5回目。

第1回の勝ち馬ジュエルクイーンは、先日のJBCレディスクラシックにも出走するまで飛躍しましたし、第2回の勝ち馬ミスミランダーはロジータ記念、黒潮盃を制し、関東オークスでも2着に食い込んだ女傑。意外に出世レースなんです。

そして、この一戦は1600mで行われるのですが、ひとつ目のポイントがコレ。「距離経験」

第1回からの上位3頭12頭中、芝・ダート問わず、1600m超の出走がなかったのは、14年1着ジュエルクイーン、16年1着ヤマミダンス、17年2着バレンティーノ、同3着エグジビッツの4頭だけ。まったくダメとは言えませんが、ないよりもある方がいいことは確かですね。

そして、ふたつ目のポイントが「デビュー場所」

先日の金沢シンデレラカップは、門別・角川勢のワンツーフィニッシュ。世紀の誤審となった北海道2歳優駿、そしてエーデルワイス賞もすべて門別勢が勝利しています。

このレースも14・15年が門別勢。16年ヤマミダンスは門別デビュー直前で移籍しましたが、17年チェゴは門別のフレッシュチャレンジを快勝。2着バレンティーノ、3着馬エグジビッツもフレッシュ、アタック快勝の実績がありました。

要するに、「門別デビュー馬がとにかく強い!」ということですね。

ラブミーチャン記念は、1600m超の距離経験がある門別デビュー組。この2つのポイントを満たす馬を見つければ、もう当たったも同然ということなんです。

ぱぁーとメンバーを見渡すと・・・いたいた。

本命は⑨番エリアント

門別のフレッシュチャレンジを快勝し、前走のゴールドウィング賞で1600mも経験。今年のメンバーでダ1600m超の経験があるのは、この馬だけ。ラブミーチャン記念の好走条件に見事合致するというわけです。人気もイイとこ。

対抗は③番ボルドープラージュ

門別での重賞実績がダテではないことを示した前2走。1600mの3番枠もレースが組み立てやすい印象ですから、人気でも逆らえないところでしょうか。

単穴がもう一頭のボルドーで、⑧番ボルドーシエル

こちらも門別デビューで、芝とはいえ1600mも経験済み。わざわざ岩手から遠征してくるわけですから、勝算がなくては来ないでしょう。

園田から遠征の⑥番アヴニールレーヴですが、今回は佐藤友騎手が騎乗。南関東では結果を残せませんでしたが、地元笠松なら・・・とも思えますが、これだけチャンスがある馬なら下原騎手が乗るはず。事情はまったく知らないので、単純に疑った見方をしているだけですが、何となく腑に落ちませんので、今回は軽視します。

馬券は馬連・ワイド③-⑨番。3連複③⑨-①②⑧番。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク