【アルゼンチン共和国杯2018予想】今年も狙いは六社ステークス組

スポンサーリンク

某競馬専門紙の穴担当です。

京都のJBC3競走の更新は済んでいますので、お次は東京競馬場で行われる「アルゼンチン共和国杯」の展望へと参ります。

個人的にアルゼンチン共和国杯と言えば、1995年1着のゴーゴーゼット。

ナリタトップロード、ヒシミラクルが登場するまでのサッカーボーイ産駒と言えばこの馬。いぶし銀・村本騎手とのコンビもいい味を出していましたね。

一昔前は、GIではパンチ不足の馬が活躍する重賞いったイメージでしたが、3年前のゴールドアクターから流れが一変。2年前の勝ち馬シュヴァルグランはジャパンカップを勝ちましたし、昨年の勝ち馬は今春の大阪杯を勝ったスワーヴリチャード。

となると、今年もGI級を探せばいいということになるわけですが、正直そんな強烈なインパクトがある馬を見つけ出せません。そこで今年は、あるデータを頼りたいと思います。

そのデータとは、前走1600万下組が狙い!というもの。

15年1着ゴールドアクター(オクトーバーS1着)、16年3着ヴォルシェーブ(日本海S1着)、17年2着ソールインパクト(六社S3着)と、目下3年連続で前走1600万組が馬券内に。

前走から斤量が軽くなるということが走因ですが、これだけ結果を出していると、今年も注目せざるを得ないでしょう。

今年は六社ステークスの1~3着馬が該当馬。当然、本命もこの中から選びます。

本命は⑤番マコトガラハッド

六社S3着は昨年2着のソールインパクトと同じ・・・だから何?と言われればそれまでですが、これまでは小回りコースに良績が集中。広いコースでどうなの?の懸念があった前走ですが、しっかりとした脚どりで0秒2差の3着まで押し上げてきました。

もうコースに不安はありませんし、今回は51キロのハンデ。これは非常に大きいですね。

前走の1、2着馬もいますが、着差を思えば決定的な差ではありませんし、ここは人気上位勢にも不安要素たっぷり。

アルバートは年齢、斤量、コースがピンときませんし、パフォーマプロミスも京都大賞典取消後の一戦。まったく折り合いをつけられなかった昨日のジナンボーの騎乗ぶりを見ると、オドノヒュー騎手にも不安しかありません。

混戦、乱戦でのドサクサ紛れの3着なら、十分拾えるとみて複勝で攻めてみます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
土曜から勝ちたい!
そう勝っておきたい!
まず照準に定めるのはアルテミスステークス

最近の流行りは・・・
独自データ+頼れる馬券師と答えあわせ!
このやり方が最近ベスト!!
─────────────────────
まずアルテミスSに関するデータをご紹介
昨年は須貝厩舎のソダシが優勝したレースですが、 1番人気馬は厩舎の所属を見ると取捨が簡単! 関西馬が1番人気だと(4-1-0-0)。すべて連対していますが 関東馬が1番人気だと(0-1-0-3)2着が1回あるだけまだ1度も優勝なし。 新馬戦では衝撃的な末脚を見せたフォラブリューテですが、この馬が1番人気になるようだとまだ1度も優勝した事のない関東馬の1番人気。 それでも勝つようならこの先G1馬になるかもしれませんね。そしてフォラブリューテを念頭に答えあわせはココで確認します。
─────────────────────
無料公開買い目2021
スプリンターズS 476%
3連複19点300円→27150円
シリウスS    297%
3連複19点300円→16770円


─────────────────────
土曜重賞公開だといい感じなんです!
そして今週末アルテミスS2021を無料公開との事!
アルテミスS2021買い目はコチラ

実はここ見といた方がいいもうひとつの理由があります。
・天皇賞春2020→67,500円/回収率1350%
・天皇賞秋2020→ 5,760円/回収率107%
・天皇賞春2021→ 6,120円/回収率128%
天皇賞3連続無料予想的中してます。
気になる方は↓↓
天皇賞秋2021買い目はコチラ
メール登録しておくと前日夜買い目見れるので今週は要チェックはココです。
無料予想ですが精度は有料クラスなのでおすすめできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク