【アルゼンチン共和国杯2018予想】今年も狙いは六社ステークス組

某競馬専門紙の穴担当です。

京都のJBC3競走の更新は済んでいますので、お次は東京競馬場で行われる「アルゼンチン共和国杯」の展望へと参ります。

個人的にアルゼンチン共和国杯と言えば、1995年1着のゴーゴーゼット。

ナリタトップロード、ヒシミラクルが登場するまでのサッカーボーイ産駒と言えばこの馬。いぶし銀・村本騎手とのコンビもいい味を出していましたね。

一昔前は、GIではパンチ不足の馬が活躍する重賞いったイメージでしたが、3年前のゴールドアクターから流れが一変。2年前の勝ち馬シュヴァルグランはジャパンカップを勝ちましたし、昨年の勝ち馬は今春の大阪杯を勝ったスワーヴリチャード。

となると、今年もGI級を探せばいいということになるわけですが、正直そんな強烈なインパクトがある馬を見つけ出せません。そこで今年は、あるデータを頼りたいと思います。

そのデータとは、前走1600万下組が狙い!というもの。

15年1着ゴールドアクター(オクトーバーS1着)、16年3着ヴォルシェーブ(日本海S1着)、17年2着ソールインパクト(六社S3着)と、目下3年連続で前走1600万組が馬券内に。

前走から斤量が軽くなるということが走因ですが、これだけ結果を出していると、今年も注目せざるを得ないでしょう。

今年は六社ステークスの1~3着馬が該当馬。当然、本命もこの中から選びます。

本命は⑤番マコトガラハッド

六社S3着は昨年2着のソールインパクトと同じ・・・だから何?と言われればそれまでですが、これまでは小回りコースに良績が集中。広いコースでどうなの?の懸念があった前走ですが、しっかりとした脚どりで0秒2差の3着まで押し上げてきました。

もうコースに不安はありませんし、今回は51キロのハンデ。これは非常に大きいですね。

前走の1、2着馬もいますが、着差を思えば決定的な差ではありませんし、ここは人気上位勢にも不安要素たっぷり。

アルバートは年齢、斤量、コースがピンときませんし、パフォーマプロミスも京都大賞典取消後の一戦。まったく折り合いをつけられなかった昨日のジナンボーの騎乗ぶりを見ると、オドノヒュー騎手にも不安しかありません。

混戦、乱戦でのドサクサ紛れの3着なら、十分拾えるとみて複勝で攻めてみます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク
AD/CBC賞は穴馬券を狙え!
キーワードは・・・
”逃げられなかった逃げ馬を狙え”
まずはCBC賞に関するデータをご紹介
3年前中京、2年前阪神、昨年は小倉と施行条件の変更が目まぐるしく、過去10年3連単平均配当は34万と難解な1戦。夏の短距離戦らしく逃げた馬か2番手を追走した馬が10年で9回、12頭も好走、しかもその半数以上は7番人気以下の穴馬です。前走も逃げていた馬は12頭中たったの1頭だけなので、前走逃げられなかった逃げ馬を狙えると穴馬券が獲れるかも?
─────────────────────
21年8→2→6人気  20年13→11→3人気
19年1→7→2人気  18年4→9→8人気
17年2→13→8人気16年3→7→2人気
ファストフォースモントライゼ
スティクスメイショウチタンあたりで・・・
逃げ馬BOXでいこうか?!
────────────────────
そんな事も視野にいれながら
最後に見るはココですね!
無料公開LINE予想
・6/26 東京7R:230%
・6/25 清里特別:158%
・6/18 奥尻特別:170%
無料公開重賞予想
・オークス   :1383%
・ヴィクトリアM:517%
・京王杯SC  :257%
・天皇賞春   :132%
・マイラーズC :397%
・皐月賞    :322%
・アーリントンC:529%
・阪神牝馬S  :631%
3月から重賞プラス収支
無料公開=自信のレースか?!
朗報はCBC賞無料公開との事!!
CBC賞2022頼るならココ!
LINE追加し前夜夜買い目チェックへ
土曜も直近よくきてるので見逃さないでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク